Tポイント・ジャパンにソフトバンクモバイルが資本参加、ヤフーも追加出資。それぞれ17.5%ずつ、CCCマーケティングが65%という構成に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルとヤフーは25日、Tポイント・ジャパンの第三者割当増資を引き受け、ソフトバンクモバイルは新たに資本参加し、ヤフーは追加出資することになったと発表した。

従来の出資比率はCCCマーケティングが85%、ヤフーが15%という構成だったが、現在はCCCマーケティングが65%、ヤフーが17.5%、ソフトバンクモバイルが17.5%という構成に変わった。ヤフーは追加出資で15%から17.5%へと増え、ソフトバンクモバイルは新たに出資したという形だ。

Tポイント・ジャパンは言わずと知れた共通ポイント「Tポイント」を運営しており、ヤフーではYahoo! JAPAN IDとの連携が以前から取られており、ソフトバンクモバイルについてもポイントを「Tポイント」で付与するなど、連携は深まっていた。

Tポイントの会員数は5,278万人、提携店舗数は35万店舗、昨年1年間での利用件数は30億件を超えるなど、国内最大の共通ポイントへと成長している。

今後、インターネットとしてのYahoo! JAPAN、モバイルとしてのソフトバンクモバイルのプラットフォームが融合することで、より強固な顧客基盤を持つポイント市場を確立することが可能になるものと期待される。

各社の強みを生かした付加価値の高いサービスを提供し、最も顧客価値の高い共通ポイントの構築を目指していく、ということだ。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑