ドン・キホーテ、格安タブレット第二弾「カンタンPad2」を6980円で3月9日に発売へ。ちょっとスペックアップ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドン・キホーテは6日、7インチのディスプレイを搭載したAndroidタブレット「カンタンPad2」を6,980円(税抜)で全国のドン・キホーテグループの店舗(一部店舗を除く)において9日より販売開始すると発表した。

カンタンPad2

今回の製品は初代「カンタンPad」からいくつかの点でスペックアップを果たした第二弾モデル。第一弾モデルは累計1万台の販売実績を残した人気商品となっている。

第二弾モデルでは、まずはディスプレイの解像度が800×480ドットから1,024×600ドットに向上し、ストレージ容量も4GBから8GBに増量された。

それでいて、タブレットの画面をテレビに出力できるケーブルの同梱などは継続されているので、第一弾モデルへ関心を持ちつつも時間が過ぎてしまった方には第二弾モデルはいいかもしれない。

また、使い方が分からないときや困ったときには、家電に関する質問や相談に対して専門家が応えてくれる「家電ソムリエ」というサービスが昼の12時から夜の12時まで、年中無休で対応しているので安心だ。

ソフトウェア面では、ソースネクストが格安SIM/通信サービス等のユーザー向けに展開している「アプリ超ホーダイ」とフェイスの音楽ストリーミングサービス「ファラオ」がプリインストールされていて、前者は1ヶ月無料、後者は3ヶ月無料で利用できるようになっている。継続利用したい場合には前者は月額388円(税込み)、後者は月額400円(税込み)だ。

アプリ超ホーダイはNTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイルらが提供している定額でいくつかのアプリが使い放題のサービスと同種のもので、様々なアプリが使えるようになっている。

ハードウェアの主な仕様は次の通りだ。

・OS:Android 4.4
・CPU:Dual Core1.2GHz+ (1.3GHz)
・メモリ:512MB RAM、8GB ROM
・ディスプレイ:約7インチTFT液晶、1,024×600ドット
・Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n準拠
・外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)
・カメラ:前面に約30万画素
・バッテリー:2,300mAh
・入出力端子:Mini HDMI出力(最大1080p)、3.5mmオーディオ、USB2.0
・本体サイズ:約191.6×116×11.5mm
・重さ:約296g

背面

【情報元、参考リンク】
ドン・キホーテ/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑