ブックオフ、格安SIMサービス「スマOFF」を28日より提供へ。スマホ「Acer Liquid Z200」を1万円で販売。2007年以降の携帯を下取りするとLiquidが無料に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ブックオフコーポレーション(以下、ブックオフ)と日本エイサー(以下、Acer)は27日、Acerの日本市場初参入となるSIMフリー・スマートフォン「Liquid Z200」を発売すると発表した。発売日は28日で、ブックオフチェーンの一部の店舗(※178店舗から。店舗リストはこちらを参照)とオンラインショップにおいて、格安SIMカードのブックオフオリジナルプランとセットにして販売される。

Liquid Z200

端末代は1万円(税抜)だが、2007年以降の携帯電話端末を下取りすることで無料になる。ただし、下取りでの無料購入の場合は2年間の継続利用が条件になるので注意したい。その場合、途中解約すると違約金が発生する。

端末は店頭で契約し、その場ですぐに渡され、すぐに利用可能となる。この辺りは実店舗の利点だろう。

ブックオフはLiquid Z200の販売にあわせ、モバイルサービス「スマOFF」を提供開始する。このサービスは丸紅グループが提供する格安SIMカードのブックオフオリジナルプランで、ブックオフは丸紅グループと日本エイサーの協力のもと「SIMフリースマートフォン+低価格高品質通信」サービスを提供する、としている。

スマOFFのロゴ

スマOFFで提供されるのはデータ通信専用SIMカード/通信サービスで、このサービスのインフラはNTTドコモの回線なので、ドコモのエリアで通信することができる。

通信プランは1日あたり70MBのデータ通信が月額980円で利用できる、というもの。音声通話サービスには対応していないが、「LINE」や「050plus」などでの音声通話は可能だ。また、SMSには対応している。

初期費用は登録事務手数料が3,000円。

また、サービスとしてはLTEにも対応しているため、SIMフリーのLTE対応スマートフォンにSIMカードをセットすれば、LTEでの通信も可能となっている。ただし、Liquid Z200はLTEには非対応なので3Gでの通信となる。


Liquid Z200は、Android 4.4を搭載したスマートフォンで、プロセッサはMediaTek製品のデュアルコア1GHz(MT6572M)、メモリは512MB RAM、4GB ROM、外部メモリとしてmicroSDカードスロットを搭載、ディスプレイは約4インチで解像度は800×480ドット、Bluetooth 4.0対応、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠、ボディサイズは約126×65×10.3mm、重さ約130gといった基本スペックのスマートフォンだ。

独自のUIを採用し、「シニアモード」「ベーシックモード」「クラシックモード」「キーパッドモード」といった4種類のホーム画面を選ぶことができる。


また、カメラの起動は背面のボタンを押すだけでできるようになっているので便利だろう。カメラ機能では、笑顔が検出されると自動的にシャッターを切る「オートスマイルショット」や、パノラマモードなども利用できる。

また、高音質で音楽を楽しめる「DTS Studioのサウンド」を搭載している。



【情報元、参考リンク】
スマOFF
日本エイサー/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑