ドコモ、広島市と自転車のシェアリング事業を2月22日より提供へ。30分100円、1日1000円などの料金で提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は30日、広島県広島市が展開するサイクルシェアリング事業「広島市観光レンタサイクル事業」の運営事業者として、2月22日よりサービス提供を開始すると発表した。

自転車

ドコモは神奈川県横浜市でも「横浜都心部コミュニティサイクル事業 baybike」を、東京都江東区でも「江東区臨海部コミュニティサイクル実証実験」など、いくつかの地域で自転車のシェアリング事業を展開しているが、今回の広島市でのサービスも既存のサービスと同様に、いくつかの場所にサイクルポートが用意され、そこで貸し借りができるようになっている。

用意されるサイクルポートは14カ所、自転車は約150台で、営業時間は8時半から21時で、返却は24時間対応となっている。

料金プランは個人向けの「1日パス」が1,000円、「月額会員」が2,000円、「1回会員」が100円、法人向けの月額会員が2,500円、定額会員が4,000円だ。個人・法人の月額会員、個人向けの1回会員では1回の利用が30分を超過した場合には30分ごとに100円の延長料金がかかる。

利用したい方は公式ウェブサイト(http://docomo-cycle.jp/hiroshima/)にて会員登録を行ってから、自転車本体の操作パネルにICカードや携帯電話/スマートフォンをかざすことで利用できる。

【情報元、参考リンク】
広島市観光レンタサイクル公式サイト
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑