【更新】GMOのWiMAX 2+「超鬼安」キャンペーンが1月15日中に終了へ。終了後は月額2490円から月額2760円の企画に切り替え

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GMOインターネットのプロバイダサービス「GMOとくとくBB」は、昨年12月からWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーターにおける販売キャンペーンの一つとして「超鬼安MAX2+キャンペーン」を実施し、1月31日まで延長していたが、1月15日中に内容を変更することを明らかにした。



「超鬼安」キャンペーンでは、WiMAX/WiMAX 2+の月々の通信費が2,490円(税抜)だが、この値段で申し込めるのは15日の内容切替時まで(※15日の何時に終了するかは分かっていない。あくまでも15日の日中に切り替えとの案内に留まる)となり、切替後は、通常の「鬼安」キャンペーンに戻る。

通常の「鬼安」キャンペーンでは、月々の通信費は2,760円(税抜)だ。24ヶ月分で計算すると差額も大きなものになるので、申込みを考えている方は切替前に行いたい。

ただし、注意したいのは、こちらの記事で紹介したように、UQコミュニケーションズが15日に新サービス・新デバイスの発表会を開催することだ。新デバイスの発表を控えているため、新製品を望む場合には今回の「超鬼安」キャンペーンをスルーした方がいいだろう。

一方で、「超鬼安」キャンペーンの内容は新製品発表前ならではのものとも考えられるので、現在の下り最大110MbpsのWiMAX 2+や、それに対応したルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」などで十分な場合には終了までに申し込んでおいた方がよさそうだ。

具体的には、このキャンペーンでは、WiMAX 2+の通信費が端末の受取月は0円、その翌月を1ヶ月目とした24ヶ月目までが月額2,490円(税抜き)になる。ルーター代、ルーターの送料は無料で、初期費用として事務手数料3,000円(税抜き)が発生する。

また、契約期間は2年間なので、途中解約時には違約金が発生する。もちろん、契約更新月の場合は違約金は発生しない。違約金は12ヶ月目までは19,000円、13ヶ月目から24ヶ月目だと14,000円、契約更新月を除くそれ以降の月の場合は9,500円となる。

販売ルーターは「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」と「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の2機種で、NAD11はWiMAXとWiMAX 2+、HWD15はそれに加えてau 4G LTE(オプション)を利用することができる。

【情報元、参考リンク】
GMOとくとくBBの12月のキャンペーン情報まとめ(※後日1月分のまとめ記事に変更予定)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑