富士通、安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FEELythm」を発表。耳に装着したセンサーから脈波を取得し眠気状態を検知

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
富士通は19日、ドライバーの脈波から眠気を検知し、ドライバーや運行管理者に対して安全運転を支援するウェアラブルセンサー「FUJITSU Vehicle ICT FEELythm(フィーリズム)」(以下、FEELythm)を開発し、2月から運輸業向けに販売を開始すると発表した。

FEELythm

FEELythmは、ヘッドセットのように耳と首に装着する形で利用する。重さは約90gなので、装着した状態でも特に負担にならないようになっている。センサー部分はクリップになっていて耳に装着することで、脈波や自律神経状況などを取得し、独自のアルゴリズムによってドライバーの眠気状態を検知し、ドライバーや運行管理者に通知してくれる。

通知は音声や振動で行ってくれる。

また、長距離運行での活用を想定し、5日間の連続使用が可能なバッテリーを搭載している。


眠気検知のアルゴリズムでは、学習機能によってバイタルデータの個人差などによる精度のばらつきを解消し、より正確に検知することができるようになっている。

さらに、デジタコなどの車載機やスマートフォンなどと接続し、運行管理システムと連携することで運行管理者がドライバーの状態をリアルタイムに確認することができる。ドライバー本人がFEELythmから通知を受けるだけでなく、運行管理者がドライバーの状態をチェックしつつ、指示を出すことができるので、運行管理者側から休憩を指示するなどして、事前に危険を回避するようなことも期待できる。

将来的には疲労やストレス、緊張状態などの検知データを蓄積し、ハザードマップに適用することで事前に危険予測を行うようなことも可能になってくるようだ。

販売価格はシステムごとに個別見積となっている。

【情報元、参考リンク】
富士通/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑