ワイモバイル、Androidタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」を12月4日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ワイモバイル、ウィルコム沖縄は13日、LTEに対応したAndroidタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」(ファーウェイ製)を12月4日に発売すると発表した。


MediaPad M1 8.0はワイモバイル初のAndroidタブレットとして登場する製品で、Android 4.4、約8インチのディスプレイを搭載する。ディスプレイの解像度は1,280×800ドットと、最近のハイエンド端末と比べると見劣りするが、大抵の用途であれば十分だろう。

プロセッサは1.6GHzのクアッドコア(Kirin910)で、メモリは1GB RAM、8GB ROM、バッテリー容量は4,800mAh、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)/a(5GHz)準拠、モバイルネットワークはW-CDMA(900MHz、2.1GHz)、FDD-LTE(1.7GHz、2.1GHz)対応などとなっている。

本体サイズは約120×214.4×7.9mm、重さ約340gだ。

その他の特徴としては、前面にデュアルスピーカーを搭載することや、ヤフーのカーナビゲーションアプリ「Yahoo!カーナビ」がプリインストールされることなどがある。

また、親回線として契約するワイモバイルのスマートフォンとパケットを共有できる「シェアプラン」での利用が可能となっている。親回線が「スマホプランM」「スマホプランL」の場合、割引が適用され、さらにおトクな料金でスマートフォンとあわせて利用することができる。

【情報元、参考リンク】
ワイモバイル/プレスリリース
Y!mobileオンラインストア
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑