ドコモ、「REGZA Phone T-01D」を発表。1.2GHzデュアルコアCPU、1310万画素カメラ、指紋センサーまで搭載した全部入りハイスペック端末

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは18日、富士通東芝製Android(アンドロイド)スマートフォン「REGZA Phone T-01D」を発表した。「REGZA Phone」シリーズの最新機種になり、11月に発売予定。想定実売価格は3万円台前半になる見込み。

カラー:ボルドー

REGZA Phone T-01Dは、Xiに対応していない点を除けば、ハイスペックかつ多機能だ。“全部入りスマートフォン”と呼べるほどで、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水・防塵性能に加え、フィーチャーフォンでは投入済みの指紋センサーまで導入されている。画面ロックの解除やアプリのロック解除などを指紋認証で行うことができる。

さらに、DTCP-IPをサポートしたDLNA機能や、周囲の騒音環境や聴力特性に合わせて通話音声を聞きやすくする音声技術も搭載されている。

加えて、基本的なスペックもレベルが高い。プロセッサは米Texas Instrumens製OMAP 4430 デュアルコア1.2GHzで、内蔵メモリは1GB RAM、ストレージ容量は4GB、ディスプレイは4.3インチのHD液晶(解像度:720×1280)だ。しかも、「REGZA Phone」シリーズ機種として、東芝製液晶テレビ「REGZA」や、ブルーレイディスクレコーダーなどとの連携機能である「レグザリンク・シェア」もサポートする。当然、T-01Dにも液晶テレビREGZAの高画質化技術をベースとした、映像高画質化技術「モバイルレグザエンジン5.0」が導入されていて、映像をより美しい形で楽しむことができる。

音質面についても、Dolby Mobile v3が搭載され、ホームシアターのような高品質のサラウンドサウンドを再現することが可能だ。

カメラについては、暗い場所でも明るく撮影できる、ソニー製の裏面照射型のCMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用。その上、富士通製の高性能画像処理エンジン「Milbeaut Mobile」を使い、美しい写真を撮影することができる。有効画素数は1,310万画素。1080pのフルHD動画を撮影することも可能だ。

ただし、ネットワークについてはFOMA下り最大14Mpbsには非対応で、下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsでのデータ通信となる。Wi-Fi、テザリング機能もサポート。テザリング機能では、最大8台までのWi-Fi機器をT-01D経由でインターネットに接続することができる。Bluetoothは2.1+EDRに対応。

端末のサイズは約129×64×8.8mmで、重さは約129g。カラーラインナップはボルドー、ダークグリーン、ブラックの3色。

カラー:ブラック

カラー:ダークグリーン

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑