ソフトバンク、ULTRA SPEEDに対応し、高精細HD液晶とデュアルコアCPUを搭載したハイエンド端末「AQUOS PHONE 102SH」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは29日、新製品発表会を開催し、下り最大21MbpsのULTRA SPEEDに対応する、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE 102SH」を発表した。解像度1280×720の高精細HD液晶と1GHzで駆動するデュアルコアCPUを搭載し、高速でパワフルな動作を期待できる。発売は2011年12月上旬以降の予定だ。

搭載するCPUは、TIのOMAP 4430。デュアルコア対応で1GHzで駆動し、RAMは1GBと、ハイエンドクラスの性能をもつ。

ディスプレイは、今冬・来春モデルのハイエンド端末のトレンドともいえる高精細HD液晶を採用。サイズは4.5インチと大きい上に、3D表示にも対応。ビジネスにはクッキリな文字表示、オフでは美しいHD動画や印象的な3D表示など、幅広い用途に向いている。

メインカメラには1210万画素、フロントカメラには30万画素のそれぞれCMOS素子を搭載する。

サイズは、幅65×高さ128×厚さ9.7mmで、重さは135g(暫定値)。IPX5/IPX7相当の防水機能やIP5X相当の防塵機能を備える。上位モデル「104SH」と比べるとやや厚めとはいえ、十分に薄く持ちやすい。カラーはイノセントパープル、ブラック、ホワイトの3色で展開する。

消費電力を抑える「エコ技」は、他のシャープ端末でも共通で採用されているもの。バッテリー容量は1520mAhとシャープ端末としては多めだ。

本機種を含めて4機種(104SH、101P、102SH、101K)が、下り最大21Mbps、上り最大5.7MbpsのULTRA SPEEDに対応する。ULTRA SPEEDは、ソフトバンクが第2世代携帯電話(PDC)としてサービスしてきた1500MHz帯を、第2世代サービスの終了に伴って、高速データ通信に転用したもの。既存の基地局を転用しており、エリアも期待できる。現状ではiPhoneが対応していないこともあって「空いている」状態。快適な通信が利用できそうだ(記事:吉川敦)。


*デモ機の写真や動画は後日、別記事にて公開予定です。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑