KDDI、foursquareとの協力を発表。REGZA Phone IS04、IS05にfoursquareのアプリのショートカット導入へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは9日、米foursquare Labsとの協力関係構築を発表した。両社は位置情報を利用したソーシャルサービスの日本での拡大を目指し、foursquareのサービス普及促進及び顧客の運用サポートなどにおいて協力していく。auスマートフォン「REGZA Phone IS04」、「IS05」にfoursquareのアプリケーションのショートカットが搭載されることもその一端。

foursquareのCEO、デニス・クローリー氏はリリースの中で次のように述べている。

「東京が世界で2番目にチェックインされている都市という実績のとおり、foursquareは、日本で大変人気が高まっています。このような市場で、我々はKDDIと協力して、アプリケーションのショートカット掲載を始めとして、お客さまが簡単にサービスを利用できる機会を提供することでfoursquareのサービスの認知度が高まることを期待しております。これにより、日本のお客さまは新しい体験をして、友人とこのサービスを共有できることになるでしょう」

KDDIはスマートフォンのコンテンツ拡充、ユーザー・エクスペリエンス向上に向けて様々な企業との提携や協力を進めているが、foursquareのショートカットがプリインストールされることは同サービスの国内認知度を高める一助になりそうだ。IS04、IS05(今春発売予定)ユーザーはfoursquareをやってみるいい機会かもしれない。

なお、foursquareは、位置情報を使ったソーシャルサービスで、あるスポットや店舗などに行ったときにチェックインをしてポイントを貯めたり、予め承認した友人が最近どこでチェックインしたかを確認できたりする機能を持つもの。自分の行動次第でバッジとよばれるアイテムがもらえたり、特定のスポットに何度も何度も行くことでその場所の「Mayor」になれたり、とゲーム性を持つサービスである点が特徴の一つ。

【情報元】
KDDI/プレスリリース
foursquare
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑