ヤフー、スマホ画面にバーコードを表示してレジで読み取る決済サービスを提供開始!Joshin、ウエルシア、モンテローザの各店舗などで導入

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは5日、決済サービス「Yahoo!ウォレット」の新機能として消費者提示型のサービス「バーコード支払い」の提供を開始した。バーコード支払いは「Yahoo! JAPAN」アプリを使ってバーコードを表示し、それをレジで読み取ってもらうことで決済できるサービス。

<▲図:レジでのバーコード提示・読み取りイメージ>

実際の支払いは、「Yahoo!ウォレット」に登録しているクレジットカードもしくはコンビニや銀行口座などからチャージした電子マネー「Yahoo!マネー」から行われる。

スマートフォンの画面にバーコードを表示して読み取ってもらうだけなので、スマートフォンが「おサイフケータイ」に対応している必要もなく、AndroidとiOSどちらかのプラットフォームに制限されることもない。幅広い機種で利用できることが大きな利点となっている。

実際に使う場合にはレジで「ヤフーで払います」と、ヤフーの決済サービスで支払う旨を伝え、「Yahoo! JAPAN」アプリに表示させたバーコードを提示して読み取ってもらう。支払い金額200円(税込)につき1ポイントの「Tポイント」が付与される。


6月5日時点での「バーコード支払い」導入店舗一覧は下記の通り(予定も含む)。Joshinやウエルシア、モンテローザが含まれているので、使える場所は多くの人にとって身近にあると思う。ただし、5日時点で導入済みなのはタマホーム スタジアム筑後だけなので、少なくとも数日は待たないと身近の店舗では使えない。Joshinは8日、ヤフオク!ドームは12日に対応予定となっている。

<▲表:6月5日時点での加盟店リスト(予定含む)
(※クリックして拡大)>

また、ヤフーは「バーコード支払い」の開始を記念したキャンペーンを実施する。

「福岡ソフトバンクホークス」が主催するヤフオク!ドームでの試合において、売店で500円(税込)以上の買い物をすると、200円を割り引きするキャンペーンだ。期間は6月12日から今秋のプロ野球シーズン終了まで。ヤフオク!ドームコンコース内の飲食売店(ワゴン販売除く)が対象となっている。

「Yahoo! JAPAN」アプリは下記リンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
Yahoo!ウォレット公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑