ダンボーデザインのワイヤレススピーカーが登場!「cheero Danboard Wireless Speaker」。AUX端子も搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
モバイルバッテリーなどで知られる「cheero」ブランドを展開するティ・アール・エイから「ダンボー」デザインのワイヤレススピーカーが12日に登場した。その名も「cheero Danboard Wireless Speaker」でAmazon.co.jpでの通常価格は3,680円(税込)。しかし、現在は発売記念の特別価格として2,980円となっている。

<▲図:cheero Danboard Wireless Speaker>

本製品のダンボーはいつもとはちょっと違う印象を受けるが、その理由は木製ボディにある。



インテリアとしても高い質感を持っているので、デスクやテーブルの上においても何か存在感を打ち出す印象を与える。具体的にはチェコ産のブナの木からの削り出しでできたボディで、色や柄には個体差がある。そのため、同じ商品でも見た目が一つ一つ異なるので、どのような色と柄の商品が来るのだろうかと、待つ間の楽しみもある。

<▲図:「木目風」の素材ではなく、本物の木材を使っているため、色や木目などの外観は全ての個体で異なる>

また、1台だけでなく2台のcheero Danboard Wireless Speakerを揃えて同時使用することで、ステレオスピーカーとしての使用もできる。財布に余裕があれば、2台購入して、2台をペアリングしてステレオ再生モードで使用すれば、より充実した音で音楽鑑賞を楽しめる。


cheero Danboard Wireless SpeakerはBluetooth対応のワイヤレススピーカーだが、AUX入力端子も備えているので、スマートフォンのオーディオ端子からケーブルで接続して音楽を楽しむこともできるし、他のオーディオ機器の音源を有線接続で聞くこともできる。本製品のBluetooth対応プロファイルなどを見ても、Bluetoothスピーカーとして高度な訳ではないので、音質劣化を極力抑えたいのならば有線接続の方がいい。

さらにマイクも搭載しているので、cheero Danboard Wireless Speakerを使っての音声通話も可能だ。

電源ボタンが発話/終話ボタンも兼ねており、スマートフォンをペアリングした状態で電話の着信が来た場合、電源ボタンを押せば発話になり、もう一度押すと終話になる。

本体のサイズは約70 x 46 x 50mmで、重さは約105g。スピーカーの出力は1つあたり最大3W。バッテリーを内蔵していて、本体のみで最大約7時間の駆動ができる。USBケーブルを接続して電力が供給された状態で使用すればバッテリー残量を気にする必要はない。

下に掲載したのはAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
cheero Danboard Wireless Speaker製品ページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑