ソフトバンクが2018年夏モデルを発表!Xperia XZ2、AQUOS R2、DIGNO J、シンプルスマホ4に加えファーウェイのMate 10 Proとnova lite 2の計6機種

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは10日、「ソフトバンク」通信サービスにおける今夏モデルのスマートフォン6機種を発表した。5月18日に発売となるファーウェイ製の「HUAWEI Mate 10 Pro」を皮切りに順次発売となる。


残る5機種はソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia XZ2」、シャープ製の「AQUOS R2」、ファーウェイ製の「HUAWEI nova lite 2」、京セラ製の「DIGNO J」、シャープ製の「シンプルスマホ4」だ。

Xperia XZ2とAQUOS R2がラインナップに加わることは多くの方の予想通りだと思うし、京セラのDIGNOシリーズの新機種、シンプルスマホ4なども想像の範囲内だと思うが、今回注目はファーウェイがSIMフリースマートフォン市場に投入している2機種が加わったこと。

グローバルで人気のHUAWEI Mate 10 Pro、そしてコストパフォーマンスに優れるHUAWEI nova lite 2が加わり、これらの機種がソフトバンクのラインナップの一角として売れるかどうかにも注目となりそうだ。

なお、発売日は下記の通り(早い順)。予約受付はMate 10 Proのみ開始済みで、Xperia XZ2とAQUOS R2は5月18日からとなっている。

・HUAWEI Mate 10 Pro:5月18日
・Xperia XZ2:5月下旬以降
・AQUOS R2:6月上旬以降
・HUAWEI nova lite 2:7月上旬以降
・DIGNO J:7月上旬以降
・シンプルスマホ4:7月下旬以降


詳細は別記事とするが、各機種の概要は下記の通り。

<HUAWEI Mate 10 Pro>
・メーカー:ファーウェイ
・発売日:5月18日
ソフトバンクオンラインショップ

Mateシリーズの最新機種のうちハイグレードモデルとなるMate 10 Pro。Leicaとの共同開発のダブルレンズカメラを搭載しつつ、AIを活かした高度なカメラ機能が大きな魅力。また、基本的なパフォーマンスの高さや痒いところに手の届く細かい設定や機能を持つ独自のUIも魅力。



<Xperia XZ2>
・メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
・発売日:5月下旬以降
ソフトバンクオンラインショップ

約5.7インチサイズでフルHD+解像度のディスプレイを搭載するXperiaシリーズの最新機種の一つ。左右だけでなく上下のベゼルがそれなりに狭くなり、他社のスマートフォンと比べても見た目上の古臭さも解消されてきた。AV性能に優れるのはシリーズならでは。


<AQUOS R2>
・メーカー:シャープ
・発売日:6月上旬以降
ソフトバンクオンラインショップ

昨夏モデルとして登場して好評だった「AQUOS R」の後継機種。様々な面で順当な進化を果たしたAQUOS R2は今夏のスマートフォンでは注目機種の一つ。動画専用カメラと静止画専用カメラの組み合わせによるツインカメラが大きな特徴。ディスプレイもハイスピードIGZOがチューニングされ、滑らかな表示と省電力性改善などバランスの良いものとなっている。


<HUAWEI nova lite 2>
・メーカー:ファーウェイ
・発売日:7月上旬以降
ソフトバンクオンラインショップ

nova liteシリーズの最新モデルで、コストパフォーマンスに優れる。基本パフォーマンスも良く、デザイン面も悪くなく、ダブルレンズカメラも搭載と、カメラ機能にも優れる。


<DIGNO J>
・メーカー:京セラ
・発売日:7月上旬以降
ソフトバンクオンラインショップ

DIGNO Jはスマートフォンを初めて使う方などをターゲットとしたエントリー/ミドルエンドの機種で、基本的なパフォーマンス、使い勝手の良さを持ちつつ、防水・防塵に加えて耐衝撃性能を備えるボディも魅力。


<シンプルスマホ4>
・メーカー:シャープ
・発売日:7月下旬以降
ソフトバンクオンラインショップ

約5インチのIGZO液晶を搭載し、「はっきりビュー」を搭載するスマートフォンで、スマホデビューの方などをターゲットとする機種の最新モデル。

【参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑