ドコモの新プラン「docomo with」の契約数が200万を突破!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は1日、昨年提供を始めた新しいプランである「docomo with」の契約数が4月27日時点で200万を突破したと発表した。


docomo withでは対象機種を購入すると、期限なく毎月の利用料金から1,500円の割引を受けられる。「月々サポート」や「端末購入サポート」といった従来の割引施策とは異なり、ずっと毎月1,500円引きを受けられることが大きな特徴。すなわち、1つの機種を長く使う方にお得なプランとなっている。

1つの機種を利用する期間が2年や3年ほどの場合、割引額の総額を比較すると、実際には「月々サポート」や「端末購入サポート」の方が上になる機種も多いが、docomo withの端末は価格が比較的安価な上、3年や4年以上使うとなると、それなりにお得になってくる。

対象機種は今でも限られるので、ハイエンド機種など、高機能だったり最新のスタイルの機種を求める方には向かない。

それでもdocomo withのラインナップもスタート時と比べると拡充されており、一般的な用途には十分なスペック/パフォーマンスを持つ機種が揃っているので、現実的にdocomo withで十分だというユーザーも増えていると思う。arrows BeもGalaxy FeelもAQUOS senseもMONOも、Webサイトの閲覧やSNS、ちょっとした写真撮影、ちょっとしたゲーム程度なら全く問題なく楽しめ、パフォーマンスも悪くない。

現在のdocomo withのラインナップは下記の通り。
  • arrows Be F-05J
  • Galaxy Feel SC-04J
  • AQUOS sense SH-01K
  • MONO MO-01K
  • らくらくスマートフォン me F-03K

また、ドコモはdocomo withのユーザー向けに「ケータイ補償サービス」の料金を改定するなど周辺サービスの補強も行っている。

【参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑