楽天が1.7GHz帯の周波数を取得。携帯キャリア事業参入が確定。2019年10月のサービス提供開始を目指す

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
携帯キャリア事業参入を目指して総務省にLTE用の電波として1.7GHz帯と3.4GHz帯の周波数割当を申請していた楽天だが、総務省は6日、楽天に1.7GHz帯(帯域幅は20MHz幅を2つ)を割り当てることを明らかにした。これにより楽天の携帯キャリア事業参入が確定となり、2019年10月の商用サービス提供開始に向けた動きが加速しそうだ。

<▲図:割当結果。申請しているのは楽天だけでなくドコモ、KDDI/沖縄セルラー、ソフトバンクも>

また、楽天は10年間で,000万契約を達成することを長期的目標に掲げている。

気になるのはすでにサービス提供中の格安SIM/スマホサービスである「楽天モバイル」との住み分け、サービス内容の差異だが、楽天としては通信キャリアサービスにおいても楽天モバイルで提供中の価格帯を採用する考えを持っているようだ。実際にそうなれば、NTTドコモ(以下、ドコモ)、au(KDDI/沖縄セルラー)、ソフトバンクの3キャリアのサービス/料金が横並びの現状を崩す存在になるかもしれない。近年、3キャリアで大きな価格破壊はなかったが、楽天がその役割を担うかもしれない。

とはいえ、通信サービスのクオリティ、すなわちカバーエリア、接続性、通信速度などの面では先行3社に追いつくまでには長い年月がかかりそうだ。

楽天はインフラ整備に関しては約5,263億円の投資を予定しているが、うち約2,000億円を自前で用意し、残りの約4,300億円は銀行借入等で賄う予定。黒字化は平成35年度からの予定としている。

なお、楽天は携帯キャリア事業を「楽天モバイルネットワーク」が手掛けていく予定。

楽天といえば「楽天市場」を始めとする既存サービスとの連携も気になるところ。もちろん、ドコモ、KDDI、ソフトバンクも様々な事業を展開し、各種連携を行っているが、Eコマースを主力に成長してきた楽天ならではの特徴がサービスにどのような形で反映されるのか注目したいところ。

【情報元、参考リンク】
総務省/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑