ドコモがデータSパックやシェアパック5などの新規受付を終了し、4段階制の定額データパックを提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は27日、利用データ量に応じて4段階で定額料金が変化する新しいデータパックを2種類発表した。提供開始日は5月25日の予定。代わりに旧プランの一部が新規受付終了となるので注意して欲しい。それについては後述する。

<▲図:料金表(※クリックして拡大)>

新プランは、一人で利用する「ベーシックパック」と、家族でシェアして使う「ベーシックシェアパック」。ベーシックパックは1GBで月額2,900円から、ベーシックシェアパックは5GBで6,500円からスタートし、利用データ量が増えるたびに4段階で料金が変化し、最終的な上限はベーシックパックが7,000円、ベーシックシェアパックが15,000円となる。

実際にはドコモの継続利用で割引を受けられる「ずっとドコモ割」を適用できるので、ステージ次第で割引された料金となる。最大では1,200円の割引を適用できる。

例えば、ベーシックパックの場合、プラチナステージだと上限額で800円引き、下限額で200円引き、ベーシックシェアパックでは同じくプラチナステージにおける上限額で1,200円引き、下限額で900円引きとなる。

4段階で料金が変化することがこのプランの特徴だが、どれくらいの利用データ量でいくらになるのかというと、上表や下記の通りとなる。下記の料金については「ずっとドコモ割」を適用する前のものだ。

<ベーシックパック>
・ステップ1(〜1GB):2,900円
・ステップ2(〜3GB):4,000円
・ステップ3(〜5GB):5,000円
・ステップ4(〜20GB):7,000円

<ベーシックシェアパック>
・ステップ1(〜5GB):6,500円
・ステップ2(〜10GB):9,000円
・ステップ3(〜15GB):12,000円
・ステップ4(〜30GB):15,000円

仮に「docomo with」の端末を利用する方がベーシックパック、ベーシックシェアパックに加入した場合の利用イメージは下図のようになる。

<▲図:利用イメージ(「docomo with」の場合)>

今回、新たにベーシックパックとベーシックシェアパックの提供が始まることで、旧プランである「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は、5月24日をもって新規申し込み受付が終了となる。

もちろん既存ユーザーの継続利用はできるが、データSパックやシェアパック5などへの加入を考えている方は受付終了前に加入しなければ、それ以降は新規加入できなくなってしまうので注意してほしい。

【参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑