「Yahoo!ウォレット」での決済が実店舗で可能に!スマホにバーコードを表示してレジで読み取り!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは28日、同社の決済サービス「Yahoo!ウォレット」において新たな機能を導入すると発表した。スマートフォンアプリでバーコードを表示し、それを読み取り端末等で読み取ることで実店舗でも「Yahoo!ウォレット」での決済ができる「みせる」決済機能だ。この機能は6月より対応店舗で利用できるようになる。

<▲図:バーコードを使った決済について>

また、4月より、払込票に記載されたバーコードを読み取って自宅などで税金や公共料金を支払うことができる「税金・公共料金のバーコード決済」も提供開始となる。

<▲図:「税金・公共料金バーコード決済」について>

「Yahoo!ウォレット」はこれまでインターネット上での決済にしか利用できなかったが、今回、新たに実店舗で利用できるようになるわけだが、「おサイフケータイ」(FeliCaやNFC)を利用するわけではないので、アプリさえ対応していれば多くのスマートフォンで利用できる。

具体的には、スマートフォン向けの「Yahoo! JAPAN」アプリを起動し、画面にバーコードを表示する。バーコードは1次元バーコードとQRコードのどちらにも対応する。あとはこのバーコードを店舗の端末やレジで読み取って処理してもらうだけ。読み取りが完了すれば、「Yahoo!ウォレット」に登録されているクレジットカードもしくは「Yahoo!マネー」で決済される。ちなみに、「Yahoo!マネー」は電子マネーサービスで、事前にチャージしておく必要がある。

また、秋には、逆に店舗側から提示されるバーコードを「Yahoo! JAPAN」アプリで読み取る決済サービスも提供開始となる。こちらのサービスは「よみとる」決済と呼ばれている。

おサイフケータイに対応した決済サービスの場合はそもそもバーコードの表示すら必要なく、読み取り端末にかざす(タッチ)するだけでいいので、より手軽だが、おサイフケータイ対応機種でしか利用できない。一方、画面にバーコードを表示させるサービスなら機種がそれほど限定されない、という利点がある。いずれにしても、「Yahoo!ウォレット」のヘビーユーザーなどにとっては便利なサービスとなりそうだ。

「Yahoo! JAPAN」のアプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
ヤフー/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑