ソフトバンクがハイアールとスマートホームなどにおけるロボット活用で提携

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクロボティクスグループは6日、中国ハイアール・グループの白物家電メーカーブランドである青島ハイアール(以下、ハイアール)とIoTを活用して家電などを連携させる「スマートホーム」などにおける人型ロボット「Pepper」をはじめとするサービスロボットの活用に向けて戦略的パートナーシップを締結したと発表した。


Pepperはすでに日本では様々な業種で活用されていて、目にする機会も多いが、中国でも活動の場を広げるようだ。

日本では一般の知名度は低いもののグローバルでは家電大手のハイアールと組んで、Pepperをはじめとするソフトバンクロボティクスのロボットがスマートホーム、スマートストアで活動する。

すでに具体的な計画もあり、スマートホームに加え、ハイアールが中国で展開していく「スマートストア」での活用を目的に、ハイアールが開発する「U+OS」との連携が可能なPepperの開発を共同で進めていくという。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑