LINEが仮想通貨事業に参入。新会社「LINE Financial」を設立。保険、ローンなど含め金融事業を強化

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは1月31日、現在コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で提供中のモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」に続き、金融事業領域を強化すべく新会社「LINE Financial株式会社」を設立したと発表した。設立日は1月10日で、資本金は50億円、代表取締役社長はLINEの代表取締役社長 出澤剛氏が務める。

LINEが提供中のLINE Payはすでに昨年グローバルでの年間取引高が4,500億円を突破しており、登録ユーザー数も4,000万人に達する規模に成長しているが、LINEは今後さらに金融事業を強化するという。

新会社LINE Financialでは、LINE上での仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった様々な金融関連のサービスを提供するための準備を進めているという。

また、LINEがこれまでに培ってきた日々のメッセージを扱う高いレベルのセキュリティに加え、ブロックチェーン技術などの研究開発を積極的に推進していくという。

仮想通貨といえば、コインチェック絡みでネガティブなニュースが飛び交う今日この頃だが、この市場への関心は依然として高い。LINEが具体的にどのような利便性、特徴を持つサービスを立ち上げていくのか注目だろう。

【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑