DAZNとドコモがスポーツファン必見のラウンジを渋谷にオープン!大型モニタでの視聴、3Dホログラム体験、VRでのボクシング対戦など

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は3月6日から27日までの期間限定でスポーツラウンジ「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」(以下、ラウンジ)を渋谷にオープンする。


DAZN for docomoのラウンジということで、単純にDAZNで配信しているスポーツ中継を視聴できるだけの場所を想像しそうになるが、今回用意されるラウンジで提供されるサービスは多岐に渡り、新感覚のスポーツエンターテインメントを体験できる特設スペースと呼んだ方が良さそうだ。

営業時間は12時から22時で、オープン日の3月6日のみ20時から22時となっている。入場料金は無料。ドコモのユーザーである必要も、DAZNのユーザーである必要もなく、誰でも入場できる。

このラウンジは、来場者を現役スポーツ選手達がスクリーン上から出迎える「GREETING ROAD」、一度に複数のモニターでスポーツを視聴できる「DAZN for docomo THEATER」、最先端テクノロジーを駆使した未来のスポーツ観戦スタイルを体験できる「FUTURE SPORTS AREA」の3つのエリアで構成される。


それぞれのエリアは次の通り。

<GREETING ROAD>

このエリアはラウンジのエントランスエリアとなり、左奥に設置されたスクリーンには「セレッソ大阪」の柿谷曜一朗選手やボクシングで世界3階級制覇王者である八重樫東選手など、各スポーツ界で活躍する著名選手が映し出される。薄いスクリーンから人が立体的に浮かび上がり、自由に動く様子は、まるで本物に迎えられているかと思うほどリアル。



<DAZN for THEATER>

超巨大なLEDモニターを含む37台のモニターが壁一面に並び、サッカー、野球、モータースポーツなど様々なジャンルのスポーツ映像を映し出す。マルチモニター環境ならではの、見る場所を変えるだけで様々なスポーツの世界が広がるエリア。



<FUTURE SPORTS AREA>

このエリアには5つのコーナーがある。

一つは元メジャーリーガー選手同士の熱い1打席対決が3Dホログラムで浮かび上がる「dreamoc」。岩村明憲さんと川上憲伸さんの本気の対決が3Dホログラムで浮かび上がる。どの面から見ても立体的に浮かび上がる映像を楽しめる。


二つ目はVRヘッドマウントディスプレイを装着して、八重樫東選手と対決できる参加型コーナー。様々な角度から撮影した映像を3次元で動かした「自由視点映像」技術を採用しているため、八重樫選手が動く様子をVR映像内で様々な角度から見ることができる。実際に用意されたリング上で八重樫選手とのVR対決ができる。


三つ目は「エアレース世界選手権」を超高精細8K映像で視聴できるコーナー。エアレースは今シーズンの中継からDAZNでも視聴可能となっている。


四つ目はプロ野球の球団でも使われている最新技術で豪速球をVRで体験できる参加型コーナー「VRトレーニングシステム」。ここでもVRヘッドマウントディスプレイを装着し、プロ野球選手の投球を仮想体験できる。様々なパターンの球速や球筋、変化球のキレなどを打席からの目線で体験できるようになっている。今回体験できるのは元メジャーリーガーの川上憲伸さんの投球。


五つ目は国内外で進む「スマートスタジアム」を体験できるコーナー。サッカー観戦をしながら、ドコモの音声認識技術により、好きなチームや選手を音声で選択することでレコメンド映像や、個人の成績をまとめたスタッツ情報を楽しめる。


ラウンジの場所は、東京都渋谷区道玄坂2-25-8。

【情報元、参考リンク】
DAZN for docomo SPORTS LOUNGE公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑