テレビでdTV、dTVチャンネル、DAZN、YouTube等を楽しめるようにするAndroid TV搭載機器「ドコモテレビターミナル」発売

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は30日にテレビ向けのセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」を発売する。ドコモテレビターミナルはAndroid TVを搭載した機器なので、基本的には他のAndroid TVセットトップボックスと同じように様々なアプリ/ゲームを利用でき、各社の動画配信サービスも視聴できる。


さらに、新サービス「dTVチャンネル」の提供開始に合わせて登場する機器ということもあり、dTVチャンネル、「dTV」、「dアニメストア」、「DAZN for docomo」、「ひかりTV for docomo」も利用できる。

とはいえ、テレビで各社の動画配信サービスを視聴するのはGoogleの「Chromecast」でもできるので、スマートフォンに慣れた方などはChromecastの方がいい気もするが、ドコモテレビターミナルには独自の魅力もあるので、そちらも侮れない。

独自の魅力の一つ目は専用リモコン。専用リモコンがあるので、利用頻度が高い場合にはスマートフォンでの操作よりも楽かもしれない。また、リモコンの場合には、スマートフォンやIT機器/家電に苦手意識がある方でも触れやすい。

二つ目の魅力は有線LANポートを搭載している点。有線LANで高速かつ安定した回線で動画配信サービスを視聴したい方にはChromecastよりもドコモテレビターミナルの方がいいかもしれない。

Wi-Fiに関してもIEEE802.11ac/a/b/g/n準拠で、MIMOにも対応しているので悪くない。価格は15,600円。

なお、ドコモはドコモテレビターミナルの発売を記念し、「ドコモテレビターミナルキャンペーン」を実施する。

このキャンペーンでは、「ドコモ光」の新規契約の有無で特典が異なる。ドコモテレビターミナルを購入し、ドコモの映像配信サービス(後述)の契約を同月内に行うことでdポイントがプレゼントされることは同じだが、ドコモ光の新規契約があれば8,000ポイント、なければ3,000ポイントとなる。

キャンペーン期間は2018年1月30日から3月31日まで。

対象となる映像配信サービスはdTVチャンネル、dTV、dアニメストア、DAZN for docomoのいずれか。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑