ドコモのかけ放題ではない月額980円のシンプルプランと20GB・30GBのデータの組み合わせが可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は19日、国内通話がかけ放題とはならない月額980円の基本プラン「シンプルプラン」と組み合わせることができるデータパックを拡大すると発表した。従来は、シンプルプランと組み合わせることができるのは家族でデータ量をシェアできる「シェアパック」に限定されていた。

<▲表:シンプルプラン適用範囲拡大について(※クリックして拡大)>

しかし、12月27日より月間データ量が20GBの「ウルトラデータLパック」、同じく30GBの「ウルトラデータLLパック」との組み合わせが可能になる。

例えば、現在かけ放題プランのより安価な「カケホーダイライトプラン」と月間データ量が5GBの「データMパック」を組み合わせている方の場合、月々280円を加算し、「シンプルプラン」+「ウルトラデータLパック」に変更することで、データ量を5GBから20GBに増やすことができる。もちろんこの場合、基本プランが「カケホーダイライトプラン」から「シンプルプラン」に変わることで、「国内通話が1回5分間までなら毎月何度でもかけ放題」という特徴は無くなってしまう。しかし、この国内通話かけ放題が不要の場合は、データ量を4倍にできるので、そちらに魅力を感じる方も多いと思う。また、「シンプルプラン」でも家族間通話は無料だ。

「月々サポート」の代わりにずっと毎月1,500円引きの「docomo with」対象機種を購入した場合、「シンプルプラン」に「ウルトラデータLパック」「spモード」を契約し、ドコモの契約年数が15年以上の場合、合計金額は月額4,980円となる。

かけ放題プランは不要の方も多いと思うので、今回の「シンプルプラン」の適用範囲拡大はいいニュースの一つだ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑