JR東日本とDeNAがレンタカーの無人貸出サービスを実験提供!12月18日より約半年間、新潟などで実施

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)とディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は13日、DeNAが提供中の個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」を活用し、JR東日本レンタリースが保有する車両を無人で貸し出すサービスの実証実験を18日より行うと発表した。


実証実験は一般ユーザーも利用可能なので、対象地域に在住もしくは出かける可能性がある方はチェックしてみてほしい。

無人貸出車両をレンタルしたい方は、まずはAnycaのアプリをインストールする。Anycaで車両を検索できるので、検索し、予約する。

今回の実験で提供される車両には、アプリを使ってのドアの解錠・施錠ができるスマートキーデバイスが搭載されているので、スマートフォンで手軽にクルマを借りて乗り込むことができる。返却時の施錠もスマートフォンでできてしまうので、最初から最後までスタッフとの対面手続きが不要となっている。

この無人貸出サービスが実験提供される場所は新潟、長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリースの店舗で各1台。店舗での貸出だが、前述したようにスマートフォン向けアプリで手続きが完了する。また、提供車両は日産の「NOTE」だ。

<▲図:貸出車両は日産ノート>

レンタル料金は地域、時期によって異なるとされるが、目安は24時間で4,000円から。


カーシェアリングサービスはNTTドコモも参入するなど、にわかに注目を集め始めている分野だが、Anycaは先行サービスの一つということもあり、新しい取り組みも色々と行なっている。今回の無人レンタルサービスもそうだが、これらに使われるスマートキーデバイスの開発も手掛けている。

<▲図:スマートキーデバイス>

<▲図:スマートキーデバイスの装着例>

今回の実証実験は2018年6月末まで行われる予定。その結果を踏まえて、今後は駅の周辺観光施設への二次交通の整備など、観光客や地域住民のさらなる利便性向上に向けた検討を行うという。

「Anyca」のアプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
無人レンタカーの実証実験についての公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑