ドコモオンラインショップ、Xperia XZsを端末購入サポートに追加。MNPで15552円に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ドコモオンラインショップは17日、「Xperia XZs SO-03J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が「端末購入サポート」の対象に入ったことを明らかにした。ただし、「端末購入サポート」入りしたのはMNP(他社から乗り換え)の場合のみ、新規契約および機種変更の場合は従来通り「月々サポート」の対象となる。

<▲図:Xperia XZs>

24ヶ月に渡って月々の通信費から割り引く「月々サポート」と違い、「端末購入サポート」は純粋に端末代が値引き価格となる。利用条件は細かく言えばいくつかあるが、基本的には12ヶ月間の最低利用期間が設定されている。

「月々サポート」の場合は途中解約したり、途中で機種変更した場合、それまでの「月々サポート」が消えてしまい、残債は通常価格となってしまうが、「端末購入サポート」の場合は最初から値引き価格で購入することになるので、よりシンプルで分かりやすい。

なお、Xperia XZsは新規契約、機種変更だと「月々サポート」が59,616円つくので実質負担額は85,536円 - 59,616円 = 25,920円。

<▲図:Xperia XZsの背面>

Xperia XZsは今年の夏モデルで、Qualcomm MSM8996、4GBメモリ、32GBストレージ搭載で、ディスプレイは5.2インチのフルHD液晶、前モデルである「Xperia XZ SO-01J」とは共通部分が多いが、メモリが3GBから4GBに増量され、カメラ機能が進化している。

カメラはこのXperia XZsから新型のメモリー積層型CMOSセンサーを搭載する「Motion Eye」カメラとなっている。従来のセンサーでは、動く被写体が歪んでしまう現象「ローリングシャッター歪み」が発生することがあったが、新型センサーでは軽減されている。

<▲図:高速に回転するファンがこれまではローリングシャッター歪みによって変形していたが、新型CMOSセンサーでは歪んでいない>

また、0.2秒間を960fpsという超スローモーション再生できる超スローモーション撮影もできるようになっている。

さらにシャッターを押した瞬間よりも手前の画像も残せる「先読み撮影」も利用できる。

詳しくはこちらの紹介記事を参照して欲しい。

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Xperia XZs SO-03J製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑