オンキヨーからGoogleアシスタント対応AIスマートスピーカーG3が登場!11月下旬に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
オンキヨーは14日、Googleの「Google アシスタント」対応のAIスマートスピーカーG3(VC-GX30)を11月下旬に発売すると発表した。G3にはGoogleの「Chromecast built-in」も搭載されている。カラーバリエーションはブラック(型番:VC-GX30(B))とホワイト(VC-GX30(W))の2種類。


10月6日にGoogleからAIスマートスピーカー「Google Home」が日本市場でも発売されたが、Google Home陣営、すなわち「Google アシスタント」対応AIスマートスピーカーは、様々なメーカーが製品を出してくることにも魅力がある。ちなみに、AmazonのAIエージェント「Alexa」に関しても対応スマートスピーカーが各社からリリースされるが、オンキヨーもP3という製品を11月30日に発売予定だ。

すでにソニーもGoogle アシスタント対応スマートスピーカーを発表しているが、オンキヨーからも登場というのは嬉しいニュースだ。というのも、やはり音にこだわりがある方にはGoogle純正のGoogle Homeよりもソニーやオンキヨーなど、元々音響機器を手掛けているメーカーの製品を選びたいという気持ちがあると思うからだ。

現時点ではGoogle Homeでは本格的に音楽を楽しむ、という用途は向かないので、あくまでも手軽に音楽やラジオを楽しむということになるが、それでもやはり音が良い方がいい。


スマートスピーカーG3では、新開発の高音質技術を採用することで、小型ながら大型スピーカーのような豊かな高音質再生が可能としている。

振動解析をもとに筐体が生み出す響きまでコントロールし、筐体の剛性も徹底的に追求したという。フロントパンチンググリルを凸構造にすることで、反射波との共振も抑制し、ノイズや声の篭り感も抑えている。新設計のカスタムウーファーのおかげで小型サイズのスピーカーながら豊かな中低音も実現。高音域もクリアで、バランスのとれたダイナミックな音を楽しむことができるという。

スマートスピーカーとしてはGoogle アシスタントに対応しているので、Google Homeと基本的に同じことができる。「OK Google」に続く音声入力で天気予報やニュースを教えてくれたり、スケジュールを確認できたり、アラームを設定できたり、音楽ストリーミングやラジオを再生したり、様々なことが可能だ。

また、Google アシスタントとの連携が可能な各社の家電をG3経由で音声でコントロールすることもできる。

さらに、Chromecast built-in対応なので、Google Play Music、Spotify、TuneInなど様々な音楽/ラジオストリーミングサービスからの音楽を伝送して複数のChromecast built-in搭載製品で再生できる。ボリューム調整や選曲などはもちろん音声入力で可能。オンキヨー、パイオニアブランドのワイヤレススピーカー、サウンドバー、AVレシーバー、ハイファイシステムなど、多数のChromecast built-in搭載製品を活用できるのも魅力となっている。

また、G3はBluetoothも搭載しているので、普通のBluetoothスピーカーとしての利用もできる。

<▲図:G3の天面>

本体サイズは約120×168×123mmで、重さは約1.8kg。

【情報元、参考リンク】
Amazon/オンキヨー スマートスピーカーG3(Google アシスタント対応)
Amazon/オンキヨー スマートスピーカーP3(Amazon Alexa対応)
オンキヨー/スマートスピーカーG3製品ページ
オンキヨー/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑