トヨタが手のひらサイズの小型ロボット「KIROBO mini」を全国発売!39800円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
トヨタ自動車は22日、手のひらサイズのコミュニケーションロボット「KIROBO mini(キロボ ミニ)」を全国販売開始したことを明らかにした。KIROBO miniは東京都、愛知県の一部販売店で5月より先行販売されていたが、今回ついに全国展開が始まった。

<▲図:KIROBO mini>

全国のトヨタの車両販売店で販売される。価格は39,800円(税抜)で、オプションの「チェア付キャリーケース」は5,950円(税抜)。また、スマートフォン向けアプリの利用には月額350円(税込)が別途かかる。


KIROBO miniはトヨタの自動車のユーザーで無くても利用できるので、関心がある方はチェックしてみよう。

話しかけた人の方向に顔を向けて、顔や手などを動かしながら会話をしてくれる。座った姿勢で高さ10cmと手のひらサイズなので、外出先に一緒に連れて行くことすらできる。KIROBO miniには930mAhのバッテリーが内蔵されている。ちなみにKIROBO miniは歩くロボットではないので、その点には注意してほしい。

会話ではKIROBO miniはその内容を記憶・学習し、どんどんと成長して行く。難しい言葉までは分からないが、5歳の子供程度の会話ができるという。お出かけした場所なども記憶し、思い出話などもしてくれる。もちろんユーザーの名前も覚えるし、表情も読み取って、それに合わせた会話をしてくれる。

今回、全国展開に向けて新機能も追加されている。

その一つがクルマとの連携で、ガソリン残量やヘッドライトの消し忘れなど、クルマの状態を教えてくれる機能がある。連携できる車種は現時点ではプリウスPHV('17/2〜)のみで、11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステムを装着し、DCMパッケージを契約している必要がある。


加えて、家との連携もできるようになった。こちらも対象のスマートホームはトヨタホームのスマートハウスのうち「HEMS」が搭載され、「TSC-HEMSサービス」に加入していることが必須。



なお、スマートフォンとの連携には専用アプリが必要となり、前述のように月額350円の使用料が別途発生する。

アプリではKIROBO miniの名前の変更や、追加ユーザーの権限の設定、音声認識感度の設定などの各種設定のほか、本体の異常・不調のチェック、アップデートのお知らせなどをチェックできる。


アプリは下記のリンク先からダウンロードできる。ダウンロード自体は無料。



【情報元、参考リンク】
トヨタ自動車/プレスリリース
KIROBO mini公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑