KDDIが英会話のAEON(イーオン)を展開するイーオンHDを買収

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは22日、英会話教室「AEON(イーオン)」などをグループで展開するイーオンホールディングス(以下、イーオンHD)の発行済株式を100%取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。イーオンHDの全株式は2018年1月22日を目処に取得する予定。


今回の買収によって、KDDIが培ってきたICT技術とイーオンHDが培ってきた「指導経験豊富な教師・オリジナル教材・留学サービス」を組み合わせ、ユーザー一人一人にあった学習内容を提示し、新たな価値・サービスの提供を目指すという。

例えばAI技術を活用した学習者向けカリキュラムの最適化支援、VR技術を活用したバーチャル英会話プログラムなどのサービスを検討しているという。

KDDIによれば外国語教育の分野は2020年以降、小学校における英語教科化、大学入試における英語4技能試験の導入、訪日外国人観光客の急増に伴うインバウンド需要への対応などによって、成長する市場だと考えられるという。そうした背景の中、イーオンHDは英語のみならず日本語、中国語などの教育、留学支援の分野に携わり、豊富なノウハウを持つ。

そこにKDDIのICT技術が加わることで、確かにサービスの利便性が大きく向上するかもしれない。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑