エレコムが車のハンドルに装着できる小型Bluetoothリモコンを発売。AndroidとiPhoneに両対応!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
エレコムは3日、スマートフォンの音楽を自動車のカーナビやオーディオ機器で楽しむ際に便利な小型のBluetoothリモコン「LAT-RC01シリーズ」を10月中旬より発売すると発表した。この製品は、車のハンドルに装着できるホルダーが付属するので、ハンドルを握った状態でもスマートフォンを手軽に操作できるようになる。

<▲図:LAT-RC01シリーズの使用イメージ>

最近の車の場合、カーナビ操作用のリモコンがハンドルに内蔵されてきている上、今のホンダ車などはメーカー純正ナビをつければAndroid AutoとApple CarPlayに対応しているので(カタログにはAndroid Auto対応と書いていなくても今のホンダ車の純正ナビはほぼ対応している。詳しくは車種別のマニュアルをWebサイトで閲覧できるので参照してほしい)、Android AutoやApple CarPlayのペアリング設定をしてしまえば、ハンドル搭載のリモコンで操作できてしまうが、非対応のカーナビやオーディオ機器などの場合、こうしたBluetoothリモコンはとても便利だ。

例えば「NAVITIME」もエレコムの製品と同スタイルの独自のBluetoothリモコンをすでにリリースしていて、NAVITIMEユーザーであれば結構便利に使えるが、今回のエレコムの製品はナビゲーション操作ではなくスマートフォンの音楽操作向けのリモコンだ。

ホルダーは、リモコン本体をカップ部分に装着し(はめ込み)、グリップ側をハンドルに装着する(はめ込み)。

<▲図:構造>


NAVITIMEのリモコンと同じスタイルなので、おそらく同じような装着感だと思うが、ハンドルの太さが太いと少し装着しづらいかもしれないが、一般的なサイズのハンドルであれば特に苦労することなく装着できるはずだ。

このスタイルのリモコンは、車を運転する際のハンドル操作時に若干邪魔になることがあるので、装着位置と向きは自分に合うものを探していこう。

リモコンではスマートフォン上の音楽を聴く際の再生、停止、曲送り、曲戻し、音量調整ができる。もちろんホルダーをハンドルから外せば、助手席や後席など、他の場所からの操作もできる。

リモコンにはボタン電池(CR2016)を使っているので、充電の必要もない。

なお、LAT-RC01シリーズはブラックモデルとシルバーモデルがある。

<▲図:カラーバリエーションは2色>

【情報元、参考リンク】
Amazon.co.jp/LAT-RC01シリーズ
エレコム/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑