カシオがタフなアクションカメラ「Gz EYE GZE-1」を発表!10月27日発売!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
カシオ計算機は12日、過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツなどの撮影に適したタフなカメラブランド「G'z EYE(ジーズアイ)」を立ち上げ、その第一弾製品として耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えたアクションカメラ「GZE-1」を10月27日に発売すると発表した。


カラーバリエーションは1つで、想定実売価格は5万円前後とみられる。

アクションカメラの市場は徐々に大きくなり、参入メーカーも増えてきたが、カシオならではのタフな製品が登場する。ダンスやBMX、スケートボード、スノーボード、サーフィンなど、様々なエクストリームスポーツでの使用を想定しているようで、4mから落下させた場合の耐衝撃性能、50m防水性能、IP6X相当の防塵性能、-10度の耐低温性能を備えている。

<▲図:内部を守るタフネス構造>

超広角レンズを採用しているので、様々なシーンで広く映像をカバーできる。静止画では190.8度、動画では170.4度の画角で撮影できる。

また、決め技の瞬間など、動画の一部だけをスローモーションで撮影する「ドラマチックスロー機能」も搭載する。ドラマチックスロー機能では、撮影中に見せ場がきた時にボタンを押すことで、その瞬間を再生時に120fpsまたは240fpsのスローモーションで再生できるようになる。もちろん通常速度での再生もできるが、該当シーンはスローモーション再生もできるようになる、ということ。

しかも、とても便利なのは、ボタンを押す前、前後、後ろの3つから設定できてしまう、ということ。一瞬で過ぎ去ってしまうシーンの場合、そこに合わせてボタンを押すのは至難の技だが、後からでも遡ってスローモーション設定できるので便利だ。1本の動画撮影中のスローモーションへの切り替えは何回でも可能。

GZE-1をセットし、遠隔で操作することもできる。スマートフォン向けの専用アプリ「G'z EYE」で遠隔コントロールが可能となっているからだ。GZE-1とはWi-Fiで接続する。通常の撮影モードのほか、目の前のスポーツに集中できるようにシャッターボタンのみを画面に大きく表示し、スマートフォンを見ずにリモート撮影ができるモードも搭載する。

<▲図:アプリ「G'z EYE」のイメージ>

また、別売りのリモートコントローラーもしくは液晶コントローラーを使うこともできる。


さらに同社のアウトドア向けスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」との連携もできる。ウォッチ側でのモニター確認、シャッターなどの簡単な操作ができる。

アクションカメラは単体だけだと使いにくく、固定するための様々なアクセサリーの充実も重要な要素だが、カシオ計算機は最初から3種類のアクセサリーを用意している。胸に固定できる「チェストマウントハーネス GEA-1」、安定した置き撮りができる「スタンド付カラビナ GEA-2」、ブレを軽減して動きながらの撮影ができる「ジンバル GEA-3」だ。


【情報元、参考リンク】
カシオ計算機/プレスリリース
Amazon.co.jp/GZE-1
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑