バスケの千葉ジェッツふなばしの試合結果に応じてモンストのアイテムプレゼント!会場でのコラボやグッズ贈呈も!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
プロバスケットボール「B.LEAGUE」のチーム「千葉ジェッツふなばし」とミクシィのゲームスタジオ「XFLAGスタジオ」が結んだパートナーシップ契約に基づいたコラボレーション企画がスタートする。コラボレーション企画は3つで、XFLAGスタジオの代表作である「モンスターストライク」(以下、モンスト)のアイテムが貰えたり、オリジナルコラボグッズが貰えたりするので要チェックだ。


まず一つ目の企画は、千葉ジェッツふなばしの試合結果に応じてモンストのアイテムがプレゼントされる、というもの。

B.LEAGUEの2017-18シーズン各節での千葉ジェッツふなばしの試合結果に応じて、モンストで使えるアイテムがユーザー全員にプレゼントされる。これは申し込みなどの手続き不要で、モンストのプレイヤー全員を対象としたプレゼント企画。各節の試合後、1週間程度でゲーム内の「受け取りBOX」に届く予定。

例えば、9月30日/10月1日に開催される第1節のプレゼントは次の通り。

2勝0敗だとオーブ2個、パワタス X、ヒトボタス X、スピタス X各1体ずつ、各属性オクケンチー1体ずつが貰える。1勝1敗だとパワタス X、ヒトボタス X、スピタス X各1体ずつと各属性オクケンチー1体ずつ、0勝2敗だと各属性オクケンチー1体ずつとなる。

<▲図:第1説のプレゼント>

やはり勝てばより多くのプレゼントがあるわけで、しかもオーブは2連勝でしか貰えないので、モンストプレイヤーとしては何とか千葉ジェッツふなばしに2連勝して欲しいところ。ただし、第2節以降もプレゼント内容は同じ、というわけではない。とはいえ、勝った方がプレゼントが豪華なことは今後も同じだろう。

二つ目の企画は、モンストのゲーム内でのコラボではなく、千葉ジェッツふなばしの試合会場での企画となる。

ゴールポストの背面と側面にデジタルサイネージの「XFLAG X-OVER Vision」が設置される。これはホームゲームのみ。千葉ジェッツふなばしの選手たちの熱いプレイヤゴールシーンと連動した、モンストのマスコットキャラクター「オラゴン」や千葉ジェッツふなばしのマスコットキャラクター「ジャンボくん」がアニメーション演出として映し出され、試合を盛り上げていく。


三つ目の企画もモンストゲーム外での企画。

千葉ジェッツふなばしの試合をコート間近で観戦できる特別なシートである「XFLAG JAMシート」を購入した方に、会場でオラゴンとジャンボくんのキャラコラボマークやモンストキャラクターがデザインされたオリジナルグッズがプレゼントされる。チケット1枚につきフェイスタオルとスクイズボトルがそれぞれ各1種ずつ、他にも様々なコラボグッズが予定されている。


なお、千葉ジェッツふなばしのチケットは、席によって価格が異なる。また、当日購入、一般前売、プラチナ会員、ゴールド会員などの違いによっても異なる。XFLAG JAMシートは6,600円から9,800円。B.LEAGUEってどんなものなの? 千葉ジェッツふなばしってどんなチームなの? など、とりあえず観戦してみたい、という方は2F自由席が大人2,500円、高校生以下1,500円で当日チケットを購入できる。前売りだとそれぞれ500円安い。

各席からの視界は公式サイト内の下記リンク先のページの「会場図」の項で360度写真として掲載されているので、購入の際の参考になると思う。
千葉ジェッツふなばし/一般チケットについて

なお、モンストのアプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【参考リンク】
モンスターストライク公式サイト
千葉ジェッツふなばし公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑