ワイモバイルから新機種、シンプルなケータイ「Simply」が登場へ!8月10日発売。実質負担額500円から

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は3日、「ワイモバイル」(Y!mobile)の新商品として、「The 電話」をコンセプトに開発したシンプルなケータイ「Simply(シンプリー)」(セイコーソリューションズ製)を発表した。Simplyの発売日は10日で、予約受付は4日から始まる。

<▲図:Simply>

SimplyはPHSではなく3G及びLTE対応のフィーチャーフォン(ケータイ)で、「The 電話」をコンセプトとしていることやその名前からも分かるように、基本的には音声通話に特化したシンプルな携帯電話。

とはいえ、Simplyにもウェブブラウザは搭載され、ウェブサイトを閲覧したり、SMS/MMSのやり取りもできる。約200万画素と最近のスマートフォンと比べると画素数の少ないセンサーながらカメラも搭載する。

音声通話については「VoLTE」及び「HD Voice(3G)」に対応するので、従来のケータイと比べてクリアな音声での通話が可能となっている。

バッテリー容量は1,770mAhと、やはりケータイとしては大容量なので、長時間の連続駆動ができる。今ケータイを使っている方が機種変更しやすいように、赤外線通信も搭載し、赤外線通信を使っての電話帳データなどの移行もできる。また、microSDカードスロットも搭載しているので、microSDカードへの写真の保存なども可能だ。ただし、microSDカードの対応容量は32GBまで。

LTEは下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbpsまでの対応。

ボディのサイズは約50×132×13.8mmで、重さは約115g。折りたたみ型ではなくストレート型のケータイで、操作しやすいように「テラスシェイプキー」を採用している。キーの押し心地や操作性は人それぞれ好みもあるので、購入を検討する方は、できれば実機を触ってからの方がいいだろう。とはいえ、Simplyのキーは、アイソレーションタイプで、キーとキーの間隔が開けられていて、それでいてキーの形状がテラスシェイプになっていて触り心地も良さそうなので、見た限り操作をしやすそうだ。

カラーバリエーションはレッド、ホワイト、ダークブルーの3色。

なお、ディスプレイは約2.4インチサイズで解像度が320×240ドットのTFT液晶。

端末価格は21,400円(税抜)だが、新規契約及びMNPの場合は月々900円の割引を適用すれば、実質負担額は500円となる。機種変更の場合は月々の割引は400円なので、実質負担額は10,100円。

【情報元、参考リンク】
Y!mobileオンラインストア
ワイモバイル/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑