WiMAX 2+が下り最大558Mbpsに!!9月より東名阪の一部エリアより提供開始!対応機種はW04

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは31日、「WiMAX 2+」の下り最大速度が現在の440Mbpsから558Mbpsに引き上げられると発表した。下り最大558Mbpsのサービスは9月1日から東名阪の一部エリアから提供開始となり、対応機種で利用できる。

<▲図:Speed Wi-Fi NEXT W04。W04はデザインも良い>

対応機種はモバイルWi-Fiルーターの「Speed Wi-Fi NEXT W04」で、最新のソフトウェアにバージョンアップすることで利用できるようになる。しかも、W04に関しては、「ハイスピードモード」利用時は下り最大558Mbpsだが、auのLTEも使える「ハイスピードプラスエリアモード」にすれば、WiMAX 2+とau 4G LTEのキャリアアグリゲーションによって下り最大708Mbpsでの利用が可能となる。

この下り最大708Mbpsに関しても、WiMAX 2+の下り最大558Mbpsによって実現したものなので、同じく東名阪の一部エリアでの提供となる。

いずれにしろ、W04の魅力が9月1日より大きく増すのでユーザーにとっては非常に嬉しいニュースだ。

このWiMAX 2+の下り最大558Mbpsの実現にはこれまでの「キャリアアグリゲーション」と「4x4 MIMO」に加えて「256QAM」を利用している。256QAMは一度に送信できるデータ量を増加できる方式だ。auのスマートフォンでは、「AQUOS R」「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が対応する。

なお、W04はUQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAX、auなどで購入している方の他にニフティ、So-net、ビッグローブ、GMOとくとくBBなどのMVNO各社で購入している方もいると思うが、どの企業のWiMAXサービスを利用中の方でも最新バージョンを導入することで下り最大558MbpsのサービスをWiMAX 2+を対応エリアであれば利用できる。

W04のレポートはこちらの記事を参照してほしい。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
UQ WiMAXオンラインショップ
GMOとくとくBB WiMAX2+/キャッシュバック企画
GMOとくとくBB WiMAX2+/月額2,760円~の鬼安キャンペーン
UQ WiMAXオンラインショップ
So-net モバイル WiMAX
BIGLOBE WiMAX 2+
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑