タイトーから「たけしの挑戦状」が登場!新ステージ・新BGM追加!ひんたぼ語検定も!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今となっては「レトロゲーム」と呼ばれてしまう作品だが、タイトーには人気のシリーズや傑作ではなくても有名なゲームが色々とある。タイトーは人気シューティングの「レイ」シリーズ3部作「レイフォース」「レイストーム」「レイクライシス」のAndroid版、iOS版を今夏リリースしたばかりだが、ビートたけしさんが監修した伝説のアクションアドベンチャーゲーム「たけしの挑戦状」のAndroid版、iOS版アプリも15日にリリースする(※本記事公開時点ではまだ)。価格は840円。

<▲図:「たけしの挑戦状」。十字キーとAボタン、Bボタンだけなので操作もシンプル>

「たけしの挑戦状」の前に少しだけレイシリーズを紹介すると、縦スクロールのシューティングゲームで、3作品とも買い切りタイプ。レイフォースが840円、レイストームが1,200円、レイクライシスが1,400円(9月10日までは1,200円)と、千円前後するが面白いのでオススメだ。

次に本題の「たけしの挑戦状」だが、おそらくしっかりとこの名を覚えているのは40代以上の方だと思う。30代の場合はギリギリ、もしくは兄や姉がいる場合や親が一緒にファミコンを遊んでいた方などの場合はプレイしているかもしれない。ファミコン用ソフトとしてリリースされたのは1986年。ちなみに筆者は、確かそこそこの年齢になってから中古ファミコン屋で裸のカセットを買った気がする。ただ、その前に同級生の誰かが持っていて、その時に初プレイは済ませている。

今回はAndroid及びiOS向けの移植となるが、新要素の「あめりか」ステージ、「ひんたぼ語検定」が追加されてのリリースとなるので、オリジナル版をプレイした方でも新鮮味を感じられると思う。

「あめりか」ステージには新成田空港から旅立つことができ、ブロードウェイ、多くのセレブが住む(?)タワーなど、「あめりか」らしい場所が登場。

<▲図:「あめりか」ステージの画面例1>

<▲図:「あめりか」ステージの画面例2>

BGMもタイトーのサウンドチーム「ZUNTATA」による新曲が用意されている。ファミコン風の8bitサウンドでの新曲なので、かなり楽しみだ。しかも、先ほどのタワーだが、最上階まで上ると有名人に出会えるかもしれないという。何となく想像はつくが……全く違うかもしれない。

新要素の「ひんたぼ語検定」は、ゲーム内で出てくる言語「ひんたぼ語」の能力を調べる検定試験。検定を受けることで、プレイヤーの「ひんたぼ語」の能力を1級から10級で判定してくれる。結果はSNSでシェアすることもできる。ちなみに、「ひんたぼ語」は、ゲーム内に登場する南の島「ひんたぼ島」の住民が話す言葉だ。正直全く覚えていない。

<▲図:「ひんたぼ語検定」の画面>

しかも、実際にはさらに他にも新要素があるという。

また、タイトーはゲームの配信を記念し、初となる「たけしの挑戦状」の公式グッズも用意した。Tシャツ、マイクロファイバータオルで、これらは今秋発売される予定だ。

<▲図:オリジナルTシャツ。ロゴのデザインが某ゲームを思い起こさせる>

<▲図:マイクロファイバータオル>

なお、「たけしの挑戦状」のアプリのダウンロードリンクは公開され次第、下に追記したいと思う。



【情報元、参考リンク】
「たけしの挑戦状」公式サイト(TAITO CLASSICS)
・レイフォース(Android版/iOS版
・レイストーム(Android版/iOS版
・レイクライシス(Android版/iOS版

©TAITO CORPORATION/ビートたけし 1986, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑