手のひらサイズでタブレット画面上で動く小型ロボット「TABO8」が小学8年生の付録に!10月10日予約受付開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
小学館は30日、手のひらサイズの小型エデュケーション・ロボット「TABO8」(ターボ・エイト)を付録とした学習雑誌「小学8年生」特別号を12月中旬に数量限定で発売すると発表した。発売は12月だが、予約は10月10日よりウェブサイトで受付が始まる。TABO8は明らかに面白そうなロボットなので、おそらく予約しなければ購入できないだろう。価格は19,800円(税込)だ。

<▲図:TABO8をタブレット上で動かしているところ>

詳しい予約方法は、9月28日ごろに発売予定の「小学8年生」第4号で発表される予定。

TABO8は、プログレス・テクノロジーズとバスキュールによる共同プロジェクト「touch.plus」によって開発された「TABO」がベースとなっている。今回、プロジェクトの理念に共感した2社の協力のもと、小学館オリジナルロボットとして新たな機能を得て生まれ変わった。

TABO8は、ユーザーがプログラムして自由に動かすことができるロボットだが、iPhone向けのコントローラーアプリも用意されるので、iPhoneで操作することもできる。Android版が用意されていないのは残念だが、TABO8自体はとても興味深いロボットなので、iPhone/iPadを持っている方はチェックしてみよう。

<▲図:TABO8>

下に掲載した動画でどんなロボットなのかよく分かると思う。


【情報元、参考リンク】
小学館/小学8年生公式サイト
小学館/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑