格安スマホの楽天モバイルが新プラン「スーパーホーダイ」を9月より提供。高速通信データ量を使い切っても最大1Mbps

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
楽天は23日、格安SIM/スマホサービス「楽天モバイル」において新料金プラン「スーパーホーダイ」を9月1日より提供すると発表した。スーパーホーダイには、高速データ通信量が2GBの「プランS」(月額2,980円)、6GBの「プランM」(月額3,980円)、14GBの「プランL」(月額5,980円)がある。


大きな特徴は、国内音声通話が5分以内ならかけ放題という点と、月間データ量を使い切っても最大1Mbpsでのデータ通信ができるということ。また、高速通信をオフにした状態でも同じく最大1Mbpsとなる。ただし、注意したいのは、全ての時間帯で最大1Mbpsにはならないこと。通信が混み合う時間とされる12時から13時、18時から19時においては最大300kbpsになるので注意したい。

実際問題、大手通信キャリアでも128kbpsの通信速度制限は使えたものじゃなく、追加データ量を購入して速度制限を解除する方が多いと思う。もしくは毎月のようにデータ量が足りない方は、より大容量のプランへの変更を検討すると思う。または、いっそ格安SIM/スマホサービスへの移行を考えることになるだろう。

そのため、通信速度制限時であっても最大1Mbpsで通信できるのは魅力的だが、1Mbps制限中に実際にどれくらいの速度が出るのかは試してみないと分からないので、提供開始となってからテストしてみたいが、12時からの1時間と18時からの1時間は最大300kbpsなので、その時間帯にデータ通信を行う頻度が高い方は要注意だ。

また、条件次第では割引特典を受けられるのも特徴となっている。用意されている各種割引施策は次の通りだ。

●楽天会員割: 1年目の月額基本料金が1,000円割引
●ダイヤモンド会員割: 1年目の月額基本料金が、楽天会員割適用料金から、さらに500円引き
●長期優待ボーナス:
(最低利用期間2年の場合)
・端末セット購入であれば、端末価格から10,000円引き
・SIMのみ契約であれば、10,000円相当の「楽天スーパーポイント」を付与。
(最低利用期間3年の場合)
・端末セット購入であれば、端末価格から20,000円引き
・SIMのみ契約であれば、20,000円相当の「楽天スーパーポイント」を付与。

特典次第では他社と比べてもお得感が出てくるので、割引施策を利用できるかどうかはしっかりとチェックしたいところ。

【情報元、参考リンク】
楽天モバイル
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑