LINEでライブ配信を共有しながらトークを楽しめる「チャットライブ」機能登場!動画や写真のフィルター・エフェクト機能も拡充!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは16日、コミュニケーションアプリ「LINE」の最新バージョン7.9.0をリリースしたと発表した。Android版とiOS版、どちらも最新バージョンが用意されたので、早速Google PlayやApp Storeでアップデートしよう。今回は新機能が多いので要チェックだ。


今回の最新バージョンにおける最大の目玉は「チャットライブ」機能。チャットライブ機能は、グループトークや複数人トークに参加しているメンバーでライブ中継を共有できる機能で、同じライブ中継を見ながらトークでチャットを楽しむことができる。

ライブ中継自体は、トークルーム上部の「電話」アイコンをタップし、「LIVE」ボタンをタップするだけで始めることができ、参加しているメンバー皆で視聴できる。ライブ中継画面は上段で再生されるが、フルスクリーン表示にしたり、8分の1のサイズにしたりと、サイズを変えることもできる。

話は変わるが、最近のアップデートでYouTubeも同じような変化を見せていた。共有機能が強化され、一つの動画を友達同士で教え合ったり、それに対するチャットをできるようになったので、YouTubeもFacebookのようなSNS要素を強化してきたわけだが、逆に今回、LINEでは、従来からのSNS機能にライブ中継を本格的に取り込んできた格好だ。

何かを一緒に見ながらトークする、ということが手軽にできるので、かなり面白そうだ。

また、今回のアップデートでは他にも注目点がある。トークルーム内のカメラ機能にカメラアプリ「B612」や「Foodie」で人気の顔認識によるフィルターやエフェクト機能が追加された。トーク中に他のカメラアプリを起動せずにフィルターやエフェクトを使えるので便利になった。フィルターは現時点では7種類、エフェクトは50種類。今後種類が増えていく予定。

<▲図:フィルターとエフェクトの例>

ちなみにフィルターやエフェクトは写真だけでなく動画に掛けることもできる。しかも、チャットライブ機能におけるライブ配信時にもだ。

他にも、動画編集機能の拡充もある。切り取り機能やミュート機能を用いて動画を短くしたり、音声の削除も手軽に行えるなど、編集機能もかなり便利になった。

<▲図:YouTube動画の縮小表示について>

もう一つ、YouTubeの話に戻るが、LINEアプリ内での動画やYouTubeの再生画面の縮小表示が可能となり、YouTubeを見ながらLINE上でトークをすることができる機能も追加された。ただし、この機能はiOS版での先行提供となり、Android版はまだ追加されていない。とはいえ、Androidの場合は、Android 7.0以上であればマルチウィンドウ機能を使ってYouTubeを見ながらLINEやメール、Facebookなどもできるので、「ながらトーク」はそもそも普通にできる。トークでYouTubeのURLを教え合い、普通にリンクをタップして再生し、あとはマルチウィンドウ化すればOKだ。いちいちLINEアプリで対応する必要もないが、Android版のLINEへの本機能の導入に関しては追加時期を検討中としている。

LINEのアプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑