KDDIがIoT通信プラットフォームを手掛けるソラコムを子会社化

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは2日、IoT向けの通信プラットフォーム「SORACOM」を手掛けるソラコムの発行済株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。これにより、8月下旬を目処にKDDIはソラコムの株式を取得し、連結子会社とする。

SORACOMは、IoT向けの通信プラットフォームで、IoT向けの通信を安価かつセキュアに提供できる点が特徴。ウェブコンソール、回線、デバイス等を一括操作・管理できる他、クラウド連携や閉域接続などの各種サービスを活用することで迅速に様々な用途向けのIoTシステムを導入・運用することが可能とされる。

2015年9月に日本でのサービスを提供開始し、その後は米国・欧州でも展開し、現在では120を超える国と地域で利用可能となっており、利用顧客数も国内外で7,000を超える。

KDDI自身も長年IoT/M2Mに携わり、様々な産業においてモバイル通信サービスを提供しているが、今後のさらなるIoTの普及拡大に向けて、ソラコムとの連携は大きな転換点になるかもしれない。KDDIのIoTビジネス基盤とソラコムのプラットフォームの連携によって、グローバルにも通じるIoTプラットフォームの構築を強力に推進していく方針だという。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑