ASUS、ZenPad 3 8.0とZenPad 3S 10にAndroid 7.0アップデートを7月12日より提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUS JAPANは11日、新たにAndroidタブレット2機種にOSをAndroid 7.0にバージョンアップする内容を含む最新のアップデートを提供すると発表した。対象機種は「ASUS ZenPad 3 8.0(Z581KL)」と「ASUS ZenPad 3S 10(Z500M)」で、アップデートは12日15時より順次提供開始となる。


同社は既存製品へのAndroid 7.0アップデートを順次準備しているが、すでに多くの機種で提供済みだ。

OSがAndroid 7.0になることで、アプリを2つ同時に画面に表示して扱える「マルチウィンドウ機能」や、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信をコントロールできる「データセーバー機能」などの新しい機能を利用可能になる。

また、SNSメッセージが届いた時に通知パネルから手軽に返信できるようになったり、画面の表示サイズ(DPI)の切り替えが可能になったり、アプリ単位でのマナーモード設定が可能になったり、と細かい部分での改善もある。

ただし、注意事項もある。

「ZenMotion」の「ふるふる」や「Share Link」アプリが削除されたり、「ASUS Splendid」の起動手順が変わったり(設定→ディスプレイ→画面カラーモード)、いくつかの注意事項があるので気をつけたい。

なお、アップデートは通知が届き次第、通知を開き、メッセージに従って操作を行っていけば導入できる。

【情報元、参考リンク】
ASUS JAPAN/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑