ソフトバンク及びワイモバイルが東京メトロでの1.7GHz帯3Gサービスを先行終了

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは3日、ソフトバンク及びワイモバイル(Y!mobile)の通信サービスに関して、1.7GHz帯の3Gサービスを東京メトロ地下駅及び地下駅間において、8月31日をもって提供終了すると発表した。1.7GHz帯は今後、LTEで使うようにするため、いずれにしても2018年1月末でサービス提供終了となる予定だが、今回、東京メトロでは先行して終了となることが明らかにされた。

<▲図:イー・モバイル向けSony Ericsson mini S51SE。小ちゃくて気に入っていたが>

1.5GHz帯の3Gサービスに関しては今年3月31日にすでにサービスの提供が終了しており、次が1.7GHz帯の3Gサービスという流れになっている。

近年の機種のユーザーであれば、1.7GHz帯の3Gサービスが無くなっても実用上問題にならないが、注意したいのは古い機種のユーザー。

例えば「Sony Ericsson mini S51SE」や「STREAM X GL07S」などの古いスマートフォンのユーザーは注意が必要だ。筆者もSony Ericsson miniを持っていたので懐かしく感じるが、旧ウィルコム、旧イー・モバイル時代の機種を持っている方などは注意しよう。

なお、自分が使っている機種が今回の1.7GHz帯の3Gサービス終了の影響を受けるかどうかは下記リンク先のページで調べることができるようになっている。
ソフトバンク/一部3Gサービス(1.5GHz帯/1.7GHz帯)提供終了について
ワイモバイル/一部3Gサービス(1.5GHz帯/1.7GHz帯)の提供終了について

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑