CDを手軽にスマホに取り込めるCDレコ新機種登場。Type-C対応、モバイルバッテリー対応で外出先でもOK

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アイ・オー・データ機器は5日、音楽CDの楽曲データを手軽にスマートフォンに取り込むことができる「CDレコ」シリーズの新製品「CDRI-LU24IXA」を発表した。発売時期は7月末の予定で、想定実売価格は12,800円。


CDレコシリーズは何も今回の新製品でなくても十分使えるのだが、CDRI-LU24IXAでは、シリーズで初となるUSB Type-Cに対応している。具体的には、USB Type-C、micro-B、Lightning対応と、現在市場に流通しているAndroidスマートフォン、iPhoneの多くの機種で利用できる。

CDの楽曲データの取り組みは一昔前まではパソコンが基本だったが、今ではスマートフォン、タブレットを使っている方も多いと思う。Android端末は特に昨年以降、USB Type-C端子を採用する機種が増えてきており、徐々にmicro-Bからの移行が進んでいる。今回のCDレコ新機種はその流れに対応したもの。

<▲図:CDRI-LU24IXA>

CDレコアプリも用意されていて、もちろん再生にも使えて、プレイリスト機能、シャッフル機能など、基本的な機能を備える。取り込んだ楽曲のタイトル、歌手名、曲名、ジャケット画像なども自動取得が可能で、パソコンで取り込むのと何ら変わりなく利便性もいい。

また、CDレコアプリには新たにCDブックレット機能が搭載され、「CDジャーナル誌」のデータベースからアーティスト情報やニュース、これまでリリースしたCDのディスコグラフィーを表示することができるようになっている。

アプリは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
Amazon/CDRI-LU24IXAページ
アイ・オー・データ機器/CDRI-LU24IXA製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑