auが成田、羽田、関空、中部国際空港で100MB分のデータチャージカードを無料配布

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは21日、「世界データ定額」のサービス開始一周年を記念したキャンペーンを8月5日から31日までの間に実施すると発表した。キャンペーン名称は「空港でデータチャージカードをもらおう」というもの。


対象空港のKDDIカウンターにおいて、条件を満たした方に100MB分の「データチャージカード」が無料配布される。各カウンターとも在庫が無くなり次第終了となるので、キャンペーン期間終了前に配布が終わる可能性があるので、その点には注意してほしい。

対象の空港は下記の通り4つ。
  • 成田国際空港 KDDIカウンター(第1ターミナル、第2ターミナル)
  • 東京国際空港(羽田) KDDIカウンター
  • 関西国際空港 KDDIカウンター
  • 中部国際空港 KDDIカウンター

データチャージカードをもらうには、KDDIカウンターにおいて世界データ定額アプリの初期設定を行うか、商品を900円以上購入する必要がある。どちらかの条件を満たせば、データチャージカードが1枚プレゼントされる。


【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑