進化したタフネススマホ「TORQUE G03」が6月30日発売!広角135度のスーパーワイドアクションカメラ搭載

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは26日、今夏モデルのauスマートフォン新機種「TORQUE G03 KYV41」を30日に発売すると発表した。カラーバリエーションはグリーン、ブラック、ブルーの3色で、価格はau公式通販サイトのauオンラインショップでは79,920円(税込)。月々の通信費から割り引く「毎月割」を適用すると、実質負担額は47,736円、「auスマートパス」加入の場合はより割引が効いて39,960円となる。

<▲写真:TORQUE G03 KYV41>

また、TORQUE G03には防水ウェアのブランドである「HELLY HANSEN」とのコラボレーションモデル「TORQUE G03 HELLY HANSEN」も用意される。こちらは発売日が7月下旬の予定で、さらに台数も300台限定、かつauオンラインショップ限定となっている。300台程度の場合、まず間違いなく売り切れてしまうので、入手したい方は最新情報に要注意だ。特に、下に掲載した写真からも分かると思うが、ヘリー・ハンセンモデルはかなりデザインが良い。

<▲写真:ヘリー・ハンセン モデル>

なお、TORQUE G03の詳細レポートはこちらの記事を参照してほしいが、本記事でも概要を紹介していきたい。

TORQUEシリーズは毎回進化を重ねているが、今回は、広角135度のスーパーワイドアクションカメラを搭載したことが大きな魅力となっている。

「GoPro」のような超広角撮影ができるアクションカメラを使わなくても、TORQUEだけでアクションカメラとして使うこともできる、というのが大きな魅力。

<▲写真:スーパーワイドアクションカメラ搭載>

さらに、アクションオーバーレイという機能が魅力で、TORQUEに搭載された様々なセンサーのデータと合わせての撮影ができるので、例えば、高度や日時、速度などと合わせて撮影することで様々な見方、使い方ができる。

ボディは単なる防水に加えて海水対応なので、海の中での撮影もできるし、海辺でも安心して使うことができる。

ディスプレイサイズは約4.6インチで、解像度はHDとやや物足りないものだが、扱いやすく手頃なサイズ。メモリは3GB(RAM)、32GB(ROM)で、バッテリー容量は2,940mAh。基本スペックは下記の通りだ。

・OS:Android 7.1
・ディスプレイ:4.6インチHD液晶
・メモリ:3GB(RAM)、32GB(ROM)
・バッテリー容量:2,940mAh
・外部メモリ:最大256GBのmicroSDXCまでサポート
・メインカメラ:約1,300万画素
・ワイドカメラ:約200万画素
・サブカメラ:約500万画素
・ボディサイズ:約71 (W) x 145 (H) x 13.6 (D) mm、最厚部 16.9mm
・重さ:約198g

【参考リンク】
au Online Shop
GAPSIS/TORQUE G03実機レポート
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑