HUAWEI P10 lite登場でP9 liteが値下げ!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは9日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「HUAWEI P9 lite」を値下げすると発表した。市場想定価格は22,800円(税抜)となる。Amazon.co.jpなどではすでに約21,000円程度となっている。同社は同日、「HUAWEI P9」シリーズの後継機種となる「HUAWEI P10」シリーズを発売し、エントリー向け機種であるP9 liteの後継となる「HUAWEI P10 lite」も投入している。

<▲図:HUAWEI P9 lite>

そのP10 liteの市場想定価格は29,800円(税抜)。

筆者がP10 liteを手に取った感覚では、P9 liteよりも明らかにボディの質感が向上していて、値段抜きで考えるとP10 liteを勧める。P10 liteはもはや低価格のエントリー機とは言えないクオリティに仕上がっていて、正直驚いた。もちろん、より予算があるのであれば、第二世代の「Leicaダブルレンズカメラ」を搭載した「HUAWEI P10」や「HUAWEI P10 Plus」を勧めるが、いかんせんそれなりに高い。

<▲写真:HUAWEI P10 lite>

「スマートフォンで使うのはWebブラウザとSNS、ちょっとしたカメラ、ちょっとゲームで遊ぶ程度」というのであれば、P10 liteで十分だし、より安価になったP9 liteでも十分だ。

特に価格が下がった今、在庫があるうちにP9 liteを購入するのも悪くないと思う。

なお、P9 liteは2016年7月から2017年5月のBCNランキングにおけるSIMロックフリースマートフォンのモデル別販売数でトップを獲得し、2016年度の年間総合ランキングでもトップとなっている。P10 liteと比べるとボディの仕上げのクオリティは低いが、P9 liteも十分悪くないデザインなので、2万円になった今、これまで以上にオススメだ。

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ公式通販サイトVモール
Amazon.co.jp/ファーウェイ P9 lite
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑