ドコモがJリーグとトップパートナー契約を締結。NTTグループもテクノロジーパートナーに

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
JリーグとNTTドコモ(以下、ドコモ)は30日、「トップパートナー契約」を締結したと発表した。あわせて、NTTグループが「オフィシャルテクノロジーパートナー契約」を結んだことも明らかにされた。契約期間は2017年7月から2019年12月まで。


今回のパートナーシップによって、2つのキャンペーン企画が実施されるので要チェックだ。2つとも「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017 鹿島アントラーズVSセビージャFC戦」におけるキャンペーンで、1つは「スコア予想&応援投稿キャンペーン」。

SNS(Twitter、Instagram)での応援投稿を通じてスコアを予想し、実際に予想を的中させた応募者に抽選で選手サイン入り大会オリジナルグッズ等の賞品が当たる。

もう1つのキャンペーン企画は「dポイント山分けキャンペーン」で、応援チームを選択した上で、そのチームが勝利した場合、応募者全員でdポイントを山分けする、というもの。

Jリーグとドコモといえば、スポーツライブ配信サービス「DAZN」のドコモユーザー向けサービスの「DAZN for docomo」によってもその繋がりの強化を知ることができるが、それだけではなく様々な形でパートナーシップによる動きを見せている。

例えば、全国に約2,400店もあるドコモショップを展開するドコモ、NTTグループ、Jクラブが協業し、ドコモのサービスやアセットに加え、NTTグループが持つAR、VRをはじめとする最新技術を活用した新しいエンターテインメント体験の実現等を図っていくという。これによって、地域のファン・サポーターとJリーグ及びJクラブとの関経強化、新たなファン層の開拓、ホームタウンと周辺地域の活性化に貢献したいという。

また、ICTを活用した新たな映像サービス、SNSと連動したユーザー参加型イベント等も企画しているという。

Jリーグが保有する過去のアイーカイブ映像の利活用も進め、メディア、ファン、サポーター、一般の指導者らが新たな価値を感じられるサービスの開発にも挑戦したいという。

JリーグにはDAZNによる巨額のマネーが投入され、今後のさらなる発展が期待されるが、そこにドコモやNTTグループも絡んでくることで、ファンにとってはよりJリーグを気軽に、そして便利に楽しめる環境が整って欲しい。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑