ファーウェイ、SIMフリースマホP10、P10 Plus、P10 liteを発表!6月9日発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは6日、都内で新製品発表会を開催し、SIMフリーのAndroidスマートフォン3機種を発表した。日本のみならずグローバルで大ヒットスマートフォンとなった「HUAWEI P9」シリーズの後継となる「HUAWEI P10」シリーズだ。具体的には「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI lite」の3機種が日本市場に投入され、9日に発売となる。


P10シリーズはMVNO各社(以下、格安SIM)も取り扱うため、最終的な販売価格はそれぞれ異なるが、本体の市場想定価格はP10が65,800円(税抜)、P10 Plusは72,800円、P10 liteは29,800円とされている。


P10シリーズを取り扱う格安SIM事業者はIIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、NTTコムストア by gooSimseller、DMM mobile、BIGLOBE SIM、mineo、LINEモバイル、楽天モバイル等で、家電量販店は上新電機、エディオン、ZOA、ノジマ、ピーシーデポコーポレーション、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ等、通販ではAmazon.co.jp、NTT-X Store、ひかりTVショッピング、CaravanYuなどで取り扱う。

格安SIM事業者によってはキャンペーン、特典によって通常よりお得に購入できるので、本体と合わせてSIMカード/通信サービスに加入する場合には格安SIMとのセット購入の方が良いだろう。

ファーウェイの公式通販サイトVモールでももちろん販売される。

なお、P10、P10 Plus、P10 liteの概要は追記・更新していくので、今しばらくお待ちしてほしい。

また、発表会場で確認した実機のレポート記事も後ほど別途公開する予定だ。


<HUAWEI P10>

P10はグローバルで大ヒットしたP9の後継機種で、「Leica」(ライカ)との共同開発となるダブルレンズカメラ、そしてインカメラを搭載することが大きな特徴。P9ではLeicaレンズはメインカメラのみだったが、P10ではインカメラもLeicaレンズを採用している。メインカメラに採用されるLeicaダブルレンズカメラも今回はP9世代から数えて第二世代となり、様々な点で進化。

メインカメラには2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGBセンサーを採用し、画素数の向上とともに、P9以上に細かなディテールの描写と広い色階調を再現できる。さらに、4種類の高速オートフォーカス、光学式手ブレ補正によって、様々なシーンで撮影しやすくなっている。インカメラには800万画素のセンサーを採用し、Leica調のポートレートセルフィ―を撮影することができる。

基本スペックは次の通り。

・OS:Android 7.0
・UI:Emotion UI 5.1
・CPU:HUAWEI Kirin 960オクタコア
・メモリ:4GB(RAM)、64GB(ROM)
・ディスプレイ:5.1インチ、解像度1080×1920ドットのIPS液晶
・バッテリー容量:3200mAh
・Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth:4.2 with BLE
・LTE速度:下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps
・本体サイズ:69.3×145.3×6.98mm
・重さ:145g
・カラーバリエーション:ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック



<HUAWEI P10 Plus>

P10 Plusは、P10とそれほど価格が変わらないことからも分かると思うが、ディスプレイ以外の点では基本的に同等スペック、同機能となっている。ディスプレイはP10の5.1インチフルHD液晶よりも大きく解像度の高い、5.5インチ、1440×2560ドットのIPS液晶となっている。

基本スペックは次の通り。

・OS:Android 7.0
・UI:Emotion UI 5.1
・CPU:HUAWEI Kirin 960オクタコア
・メモリ:4GB(RAM)、64GB(ROM)
・ディスプレイ:5.5インチ、解像度1440×2560ドットのIPS液晶
・バッテリー容量:3750mAh
・Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth:4.2 with BLE
・LTE速度:下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps
・本体サイズ:74.2×153.5×6.98mm
・重さ:165g
・カラーバリエーション:グリーナリー、ダズリングゴールド



<HUAWEI P10 lite>

安価ながらフルHDディスプレイを搭載し、パフォーマンス、デザインも悪くないことから日本市場で大ヒットしたP9 liteの後継機種となるのがP10 lite。CPUがオクタコアのKirin 658になり、パフォーマンスも向上。バッテリーは容量が3,000mAhで、急速充電にも対応する。指紋認証センサーも搭載。ディスプレイサイズは5.2インチでフルHD解像度。メインカメラは約1200万画素で、インカメラは800万画素。

基本スペックは次の通り。

・OS:Android 7.0
・UI:Emotion UI 5.1
・CPU:HUAWEI Kirin 960オクタコア
・メモリ:3GB(RAM)、32GB(ROM)
・ディスプレイ:5.2インチ、解像度1080×1920ドットのIPS液晶
・バッテリー容量:3000mAh
・Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth:4.1 with LE
・LTE速度:下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps
・本体サイズ:72×146.5×7.2mm
・重さ:146g
・カラーバリエーション:サファイアブルー、プラチナゴールド、パールホワイト、ミッドナイトブラック

※本記事は現在執筆中につき随時更新。

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ公式通販サイトVモール
ファーウェイ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑