DMMモバイルがZenfone 3を5千円値下げ。34800円に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM.comは15日、格安SIM/スマホサービスの「DMM mobile」において、ASUS JAPANのSIMフリーAndroidスマートフォン「ZenFone 3(ZE520KL)」を5千円値下げし、34,800円(税抜)とすると発表した。24回分割で購入した場合、一回あたりの支払額は1,850円となり、DMMモバイルの通信費と合わせても購入しやすい価格帯になってきた。

<▲図:ZenFone 3>

ZenFone 3には画面サイズが5.2インチのモデルと5.5インチのモデルがあるが、今回値下げとなったのは5.2インチモデル。

5.2インチのフルHD液晶を搭載し、ボディサイズも146.8×73.9×7.69mm、重さ約144gと、扱いやすい。バッテリー容量は2,650mAhで、OSはAndroid 6.0.1。CPUはSnapdragon 625(2GHzオクタコア)で、メモリは3GB、ストレージは32GBだ。

昨年発表モデルだが、今使っても全く問題ないパフォーマンスレベルの機種で、値段が下がってきた今、コストパフォーマンスも向上してきた。メインカメラは約1,600万画素、サブカメラは約800万画素で、メインカメラには光学式の手振れ補正も搭載され、オートフォーカスも速く、かなり使いやすいカメラとなっている。4K動画の撮影もサポートする。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ゴールドの3色で、背面パネルにはガラスパネルを採用し、デザインの質感も高く美しい。

DMMモバイルは筆者も使っているが、速い時は速度も受信時で数十Mbps出るし、1日を通して見た時の速度低下も酷くなく、かなりオススメだ。なお、筆者はデータSIMの1GBプランを使っているが、余ったデータ量は繰り越せるので、意外と持つ。

【情報元、参考リンク】
DMMモバイル
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑