【市場調査】2017年4月の国内携帯電話出荷実績発表。前年同月比132%の約149万台。内84万台がスマホ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
一般社団法人 電子情報技術産業協会(以下、JEITA)及び情報通信ネットワーク産業協会(以下、CIAJ)は、2017年4月の国内の携帯電話出荷台数実績を発表した。4月の携帯電話の出荷台数は前年同月比132%の148万9千台。うちスマートフォンは84万4千台で、スマートフォン比率は約56.7%になった。

<▲携帯電話国内出荷実績 月次推移(2015年11月~2017年4月)>

JEITAによれば、冬春商戦期のスマートフォンの出荷は堅調に推移しており、前年と比べて4ヶ月連続でのプラスになっている。ただし、携帯電話全体で見た場合、今年2月は前年同月比では下回っている。

2016年1月から12月の国内携帯電話の出荷台数は1,703万台で、内スマートフォンは966万台。

携帯電話全体に占めるスマートフォン比率は横ばい傾向だが、長いスパンで見ると今後も増加していくはずだ。2012年度に55.9%に達し、そこで一旦頭打ちとなり、2013年度、2014年度、2015年度はそれを下回った。しかし、2016年度に60.8%と一気に過去最高を記録。今年も1月に65.1%、2月に67.2%、3月に69.4%、4月に56.7%と高い数値を記録しており、過去最高を更新する可能性がある。

<▲スマートフォン比率(携帯電話に占める比率)>

なお、一年を通して見たとき、月による出荷台数の差があり、例年6月・7月頃は多い。

例えば昨年も一昨年も6月が一番多い。今年も通信各社の夏モデルが続々と登場する6月は出荷台数が多いことが予想されるので、最終的な売上に注目したいところ。

<▲2015年以降の携帯電話国内出荷実績(単位:千台、%)>

【情報元、参考リンク】
JEITA/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑