ドコモ、浮かんで動く球体のディスプレイ「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発。ニコニコ超会議でデモ飛行実施へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は17日、ドローン(無人航空機)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したと発表した。

<▲図:「浮遊球体ドローンディスプレイ」浮遊時>

言葉で説明するよりも掲載した写真を見る方が早いと思うが、空中に浮かんだ状態で360度全方位に映像を表示できるため、動くアドバルーンのようなイメージで広告媒体として活用することができる。

ドローンの機体の周りに球形ディスプレイを備えることに関しては、ドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレイが妨げてしまうという課題や、ディスプレイ搭載による重量増加といった課題があったという。

しかし、今回開発された浮遊球体ディスプレイではそれらの問題を解消している。

環状にLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備える構造で、LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができるようになっている。

<▲図:「浮遊球体ドローンディスプレイ」外観と点灯時>

ドコモでは2018年度の商用化を目指し、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューションとしての提供を検討していくという。

そして、実機は今月29日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展され、会場内でデモ飛行が行われる予定となっている。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑