ファーウェイ、P9とP9 Plusの出荷台数が1200万台を突破!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは7日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 Plus」の世界出荷台数が1,200万台を突破したと発表した。P9/P9 Plusはグローバルで好調で、昨年11月にはP9の販売台数が900万台を突破していることが明らかにされていた。

<▲図:HUAWEI P9>

日本市場ではP9 Plusは販売されていないが、P9はグローバルでの状況と同様好調。また、日本市場に関しては、エントリークラス向けの「HUAWEI P9 lite」が絶好調だ。

P9 liteは、日本市場ではBCNランキングのSIMフリースマートフォンのモデル別販売数ランキングで3月まで9ヶ月連続でトップをキープ。実際、販売が好調なことはMVNOサービスの発表会などで関係者に聞いても伝わってくる。同じく、P9も順調に販売台数を伸ばしているようだ。

また、ファーウェイは2016年にグローバルでスマートフォンを1億3,900万台出荷し、伸び率は前年比で29%増となっている。

グローバルでの好調さが必ずしも日本市場に繋がる保証はないものの、2016年の日本市場では非常に好調だっただけに、2017年の同社の動きにも注目が集まる。

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑