LINEモバイルが初夏に進化!通話定額オプションを導入。MUSIC+プランのカウントフリーサービス拡大

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEモバイルは14日、女優ののん(能年玲奈)さんを起用したテレビCMを公開するとともに、MVNOサービス「LINEモバイル」の今後の展開、サービス開始から半年間の実績、利用動向を明らかにした。

<▲図:「MUSIC+プラン」加入者増や音声通話利用比率増を受けてサービス強化>

まずは今後の展開だが、初夏に予定されている計画が2つある。一つは「通話定額オプション」の導入。通話定額サービスは今ではNTTドコモ、au、ソフトバンクら大手通信各社はもちろんMVNOサービスでも導入が進んでいるが、LINEモバイルでも利用できるようになる。LINEで通話すればいいとも言えるが、音声通話の利用比率は増えてきているという。

もう一つは「MUSIC+プラン」におけるカウントフリー対象サービスの拡大だ。

LINEモバイルでは「カウントフリー」がサービスの大きな特徴になっている。例えばLINEのデータ通信量はカウントされないので、すなわち追加料金は発生しない。各種SNS(Twitter、Facebookなど)も同じくデータ通信量をカウントしないなど、「カウントフリー」が大きなポイントになっている。カウントフリーの対象サービスは加入する料金プランによって異なるが、「MUSIC+プラン」では現在はLINEを始めとする主要SNSに加えて、LINEグループの音楽サービスである「LINE MUSIC」がカウントフリーの対象だ。

しかし、初夏をめどに対象サービスが広がる予定だ。他社の音楽サービスが加わる予定なので、LINE MUSIC以外のサービスを利用しているユーザーには嬉しい。

今回発表された新機能/新サービスは以上だが、同社は販売チャネルの拡大など、様々な面でLINEモバイルの強化を目指している。販売チャネルに関しては、ビックカメラ、ヨドバシカメラ全10店舗に「即日受渡しカウンター」が15日より開設する。さらに、より多くのユーザーとの接点を作るため、リアルでのタッチポイントを全国100箇所以上に増やしていくとのこと。

また、同社は現在実施中のキャンペーン「春の新生活応援キャンペーン」の期間を当初予定の3月末までから4月末までに延長することを明らかにした。

このキャンペーンでは、月額基本使用料が最大3ヶ月分無料になる。


【情報元、参考リンク】
LINEモバイル
LINE/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑